Nintendo Switch『モンスターハンターライズ:サンブレイク』体験版が配信開始。最新情報をまとめてお届け。

  • この記事をシェアする

カプコンさんのハンティングアクションゲーム『モンスターハンターライズ』を、さらに楽しめる要素が多数追加された有料大型追加コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』
発売日の6月30日(木)を目前に控える本作ですが、なんと本日より、新たな狩りを一足先にお試しいただける体験版が配信されています
こちらの記事では、そんな体験版に関する情報と、プロモーション映像第3弾で公開された最新情報をまとめてお届けしますので、ぜひご確認ください。

4つの討伐クエストに挑める体験版が配信中

本日より、新たに発表したフィールド「密林」での電竜「ライゼクス」の討伐クエストを含む、4つの討伐クエストをプレイ回数の制限なく遊べる体験版が配信開始となりました。ニンテンドーアカウントでログインしていれば、以下のリンクよりさっそくダウンロードしていただけます。

ニンテンドーSwitch

    初めてプレイされる方や、久しぶりの狩りに挑戦しようという方は、まずは各種訓練クエストで本作の爽快感や軽快なアクションをお試しください。『モンスターハンターライズ』の特徴でもある翔蟲アクションや操竜はもちろん、サンブレイクからの新しい要素となる「疾替え」「先駆け」などのアクションもお試しいただけます。

    そして熟練ハンター向けには、体験版用として特別に調整された高難度の「メル・ゼナ討伐クエスト」も用意されています。腕に自信のある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

    体験版では、シングルプレイはもちろん、ローカル通信やインターネット通信を用いた最大4人までのマルチプレイも可能です。ぜひ、ハンター仲間と一緒にお試しください。

    ※インターネットに接続して遠くのプレイヤーと協力プレイを行う場合は、Nintendo Switch Online(有料)への加入が必要です。


    ここからは、最新のプロモーション映像で公開された情報をご紹介します。

    登場モンスターが続々と発表

    黒蝕竜 ゴア・マガラ

    黒い外套のような翼膜に身を包む大型モンスターで、別名「黒蝕竜(こくしょくりゅう)」と呼ばれています。
    感覚器官としての眼を持たず、翼膜から撒かれる鱗粉で生物の位置を把握し、感知能力を高めており、感知能力がピークに達すると触角を生やし、翼脚をせり出して「狂竜化」します。
    狂竜化したゴア・マガラは、地面を大きく隆起させるほどの叩き付けや、巨大な爪による抑え込みなど、とても強力な攻撃を繰り出してくるので注意が必要です。

    棘竜 エスピナス

    「棘竜(いばらりゅう)」の別名にふさわしく、全身が硬い殻と鋭い棘で覆われた飛竜。その甲殻と棘が外敵を寄せ付けない余裕からか、縄張りで無防備に寝そべる姿がよく目撃されます。しかし、危険を感じ取ると体の一部を赤く染めるほど血管を拡張させて凶暴化するため注意が必要です。

    盾蟹 ダイミョウザザミ

    砂地や水辺に生息する大型の甲殻種で、巨大な爪を使って身を守る姿から「盾蟹(たてがに)」とも呼ばれています。幼体であるヤオザミが貝を背負っているのに対し、飛竜の頭骨を背負っており、身を守ることはもちろん獲物を襲う際には攻撃手段としても使用することもあります。

    熾妃蜘蛛 ヤツカダキ亜種

    爆発性の成分を体内に宿すヤツカダキの亜種で、別名「熾妃蜘蛛(しきぐも)」と呼ばれ、硬質な爪を火打石のように打ち合せて爆発を引き起こします。高度な指揮系統を持ち、爆轟を伝導する特殊な糸で繋がった幼体のハゼヒバキたちを巧みに操って爆発の範囲を広げます。

    新たに公開されたフィールド「密林」

    ※密林イメージビジュアルです。実際のゲーム画面とは異なります。

    温暖な気候と豊富な雨量により植物とモンスターの楽園となっている場所で、木々が生い茂る緑地、広大な地下空間、解放感のある水辺が特徴です。

    シリーズファンにはおなじみの海岸エリアに浮かぶ荒廃した遺跡は、内部に入ることができます。罠として利用することができる場所もあるようなので、大型モンスターの狩りを有利に進めるために、翔蟲を使って各所を探索してみてください。

    密林に生息する小型モンスターや環境生物たち

    盟勇クエストに、カムラの里の頼れるリーダー「フゲン」出陣

    昔はハンターとして活躍し、その名を各地に轟かせていたという、カムラの里長フゲンシングルプレイ専用モードの「盟勇クエスト」では、そんな彼が盟勇となり、あなたと共にクエストに挑みます。
    盟勇クエストは、以下の2つに分類されます。

    盟勇同行クエスト

    依頼主でもある特定の盟勇と共に挑み、盟勇との絆を深めるクエストです。
    盟勇同行クエストを達成していくと盟勇との絆が深まり、「重要調査クエスト」にも協力してくれるようになります。

    重要調査クエスト

    絆を深めた盟勇たちの中から、最大2人までのパートナーを選んで挑むクエストです。
    重要調査クエストでは、同行する盟勇が装備する武器を、一部の中から選択して変更することが可能です。また、プレイヤーは最大2匹のオトモを、盟勇はオトモガルクを1匹ずつ連れてくることができます。シングルプレイ専用でありながら、個性的なキャラクターたちとマルチプレイを楽しんでいるような体験ができます。

    なお、盟勇は体力が尽きるとその場に倒れ、しばらく動けなくなります。そのままでも時間経過で回復しますが、アイテムを使用したり、近くで助け起こしたりすることで、回復を早めることができます。盟勇が倒れても、クエストの失敗条件にはカウントはされません。

    発売後の無料アップデート

    『モンスターハンターライズ:サンブレイク』では、発売後も複数回の無料タイトルアップデートが配信されます。
    その第1弾として、2022年8月に、「ナルガクルガ希少種」や新フィールドの「塔の秘境」、希少種モンスター、特殊個体モンスターの追加などが予定されています。

    月迅竜 ナルガクルガ希少種

    2022年秋頃に第2弾2022年冬頃に第3弾の配信が予定されており、また2023年以降のアップデート配信も検討されています。今後の情報にご期待ください。

    『モンスターハンターライズ』の有料大型追加コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』は、2022年6月30日(木)発売予定です。
    既に『モンスターハンターライズ』本編をお持ちの方は、以下のリンクからご予約いただけます。

    ニンテンドーSwitch

          『モンスターハンターライズ』本編をまだお持ちでない方には、本編と有料大型追加コンテンツがセットになった『モンスターハンターライズ + サンブレイク セット』がおススメです。ぜひ、以下のリンクより、マイニンテンドーストアの特集ページをご確認ください。

          『モンスターハンターライズ』タイトルアップデートについて

          2022年6月30日(木)の『モンスターハンターライズ:サンブレイク』発売日に、『モンスターハンターライズ』のタイトルアップデートが実施されます。

          『モンスターハンターライズ:サンブレイク』をご購入された方は、このアップデートによって「サンブレイク」の要素がプレイ可能となり、未購入の方も「武器種ごとのバランス調整などの追加要素」に加えて、「アイテムパック」、「身だしなみチケット」等が使用できるようになります。
          また本アップデートは、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の購入・未購入を問わず、『モンスターハンターライズ』をインターネットに接続してプレイしていただく際にも必要なものとなります。

          更新データの容量は「13GB程度」を予定しておりますので、十分な空き容量のご準備をお願いいたします。
          Nintendo Switchの本体容量が足りず、新しいデータがダウンロードできないお客様は、microSDカードをご利用ください。


          ※micoSDカードの使用方法はこちらのページをご確認ください。

          ©CAPCOM CO., LTD. 2021, 2022 ALL RIGHTS RESERVED.
          ※画面写真は開発中のものです。

          ランキング
          • 24時間
          • 週間
          • 月間
          すべての記事を見る
          特に記載の無い場合、記事内の記載の価格はすべて税込です。また、パッケージ版のみの販売となるソフトは希望小売価格、それ以外のソフトはニンテンドーeショップでの販売価格となります。
          セール価格については、セール期間中の価格になります。
          ソフトの価格は変更になる場合があります。最新の購入価格はマイニンテンドーストア/ニンテンドーeショップでの価格を必ずご確認ください。
          この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
          ランキング
          • 24時間
          • 週間
          • 月間
          すべての記事を見る