ファンタジー×国取りシミュレーション『ブリガンダイン ルーナジア戦記』、Nintendo Switchで本日発売!

  • この記事をシェアする

ファンタジー世界で騎士とモンスターが大陸制覇をかけて戦う国取りシミュレーション『ブリガンダイン ルーナジア戦記』が、ハピネットさんより、Nintendo Switchで本日発売されました!

シリーズ約20年ぶりの完全新作となる本作は、壮大なファンタジーの世界が舞台。シンプルでありながら奥深く、高い没入感と豊富なやり込み要素を持つ国取りシミュレーションゲームです。前作ファンの方はもちろん、シミュレーション・RPG・ストラテジーがお好きな方々にもおすすめしたい作品となっています。

前回に引き続き、今回も本作の魅力をたっぷりとご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください!

重厚かつ鮮やかに描き出されるファンタジー世界

<ストーリー>
ルーナジア歴781年、大陸は5つの国と1つの民族による戦乱の時代を迎えていた。
それぞれの国、民族の歴史と信条、それらの象徴となるのが大陸に5つのみ存在する「ブリガンダイン」。

「正義」「誇り」「高潔」「自由」「自我」という二つ名が与えられたブリガンダインを所持する5つの勢力と、ブリガンダインを持たざる国
この6つの勢力からプレイヤーはどれかを選択し、ルーナジア大陸の制覇を目指す。

大陸制覇を目指す6勢力、6君主、100人を超えるルーンの騎士達の群像劇

大陸の歴史は、どの勢力を選択するかで見え方が変わります。本作に主人公は存在せず、プレイヤーが選択した君主や騎士の目線でルーナジアの未来が展開します。

6勢力について

正義のブリガンダインを戴く
「ノーザリオ王国」

君主:ルビーノ四世(CV:斉藤壮馬)
大陸の北西の島にある、勤勉で正義を重んじる国。

誇りのブリガンダインを戴く
「ガイ・ムール共和国」

君主:エルザ・ウザーラ(CV:上田麗奈)
ルーンの騎士発祥の地を自認する国。
モハナ・キャラダインにより建国された共和国。

自由のブリガンダインを戴く
「シノビ族」

君主:タリア(CV:田中美海)
女だけで自治の道を歩んだ一族。
大陸の戦渦により失われていく一族の自由のため戦う。

高潔のブリガンダインを戴く
「マナ・サリージア法王国」

君主:ルド・マルコ(CV:武内駿輔)
自国の信仰とザイ派による大陸統治を果たすために、革命への道を突き進む。

ブリガンダインを持たざる国
「グスタファ神聖帝国」

君主:ティム・グスタフ(CV:江口拓也)
唯一ブリガンダインを持たない国。
逆境を乗り越えてきた「一族の美しき血」を証明するために戦う。

自我のブリガンダインを戴く
「ミレルバ諸島連邦」

君主:ステラ・ハーメット(CV:赤﨑千夏)
乱世ならば「奪われる前に奪うだけ」。
破天荒な海賊の血をたぎらせ、大陸制覇に乗り出す。

本作は全編フルボイス。100人以上のキャラクターたちを豪華声優陣が熱演します。

シンプルでありながらも奥深い育成要素と部隊戦

本作は「編成フェイズ」「攻撃フェイズ」を経て1節が経過し、これを繰り返しながら世界が時を重ねていきます。

「編成フェイズ」では騎士・モンスターを自国拠点に配置し戦いに備えます。100人を超える騎士、多種多様なモンスターを組み合わせ、どんな部隊を組むかはプレイヤー次第です。

戦いを経てレベルアップを重ね、騎士・モンスターをクラスチェンジさせましょう。特殊なアイテムで強力なモンスターにクラスチェンジできる種族もあり、育成や収集などやり込み要素満載です。

そしていよいよ始まる「戦場の戦い」。騎士とモンスターが拠点を懸けて戦う「攻撃フェイズ」では、ヘクス(六角形)で構成された戦闘マップでの戦いが、ターン制で繰り広げられます。

戦場に出撃する部隊数は3部隊。攻撃役補助役回復役、様々なクラスの特徴を活かして戦います。「属性相性」や「得意地形」「ZOCによる包囲効果」などを上手に活用して戦いを有利に進めましょう。

本作では、プレイヤー勢力だけでなく、大陸全ての勢力(CPU)がAIで思考し戦います。刻々と勢力図が変化し続ける中、大陸制覇を目指す面白さが魅力です

異説の章:チャレンジモード

いずれかの勢力でメインモードを一度クリアすると、「チャレンジモード」が解放されます。

チャレンジモードは「選んだ騎士で自分だけの部隊を編成し、大陸制覇を目指すスコアアタックモード」です。メインモードに登場する全ての騎士から、お気に入りの騎士を選択して開始。戦術を駆使し、より多くの「Strategy Score(SS)」を獲得してハイスコアを目指しましょう。

開発陣より、プレイヤーのみなさまへメッセージ

最後に、株式会社ハピネット の『ブリガンダイン ルーナジア戦記』プロデューサー兼ゲームデザイナーである五十嵐一開さんより、メッセージが届いていますのでご紹介いたします!

『ブリガンダイン ルーナジア戦記』のご紹介を読んで頂きましてありがとうございました。発売を迎え、20年ぶりの新作を心待ちにしてくださったシリーズファンの皆様や、体験版などで本作に興味を持ってくださった皆様にゲームをお届けできることを嬉しく思います。

ファンタジーの世界には、いつの時代も人々の心を躍らせる魅力があります。
もし、本作の舞台となるルーナジアという世界に触れていただき、ゲームプレイに関心を持っていただけましたら、あなたと長く深く時間を共にできるゲームになれるかもしれません。

この世界の中にあるのは、プレイヤーが選択できる6つの勢力、君主を支える100人以上の騎士達、その誰もが主人公となり得るような「横の広がり」と、60以上の騎士クラスや50種以上のモンスター、500種以上のアイテムなどを駆使して自分だけの戦術でプレイする「縦の広がり」です。

その一方で、この世界で大陸統一という目標を達成するための正解やテンプレートは一切ありません。プレイヤーの数だけ無数のプレイスタイルやドラマが生まれ、これこそが国取りシミュレーション「ブリガンダイン」の面白さの源泉となっています。

ぜひ製品版でこの面白さをご体験ください。
ルーナジア大陸で皆様の来訪をお待ちしております。

株式会社ハピネット
ブリガンダイン ルーナジア戦記
プロデューサー/ゲームデザイナー

五十嵐一開


以上、Nintendo Switchソフト『ブリガンダイン ルーナジア戦記』は本日発売。いま「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、下記リンクからすぐにソフトをダウンロード購入いただけます

なお本作は、無料体験版も配信中です。体験版では、6つの勢力のうちの1つ「ノーザリオ王国」を担い、君主である「ルビーノ」が大陸制覇への一歩を踏む出す場面をご体験いただけます。本作が気になった方は体験版からでも、ぜひお試しください!

ニンテンドーSwitch

    ©Happinet

    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。