相手はAI、だけど人間味のある人狼ゲーム『グノーシア』がNintendo Switchで発売決定!

  • この記事をシェアする

Hello!  SOEJIMAです。
本日公開された「Nintendo Direct mini 2020.3.26」で、『グノーシア』の発売が発表されました。

AIが相手の1人用人狼ゲーム

みなさん、「人狼ゲーム」を遊んだことはありますか?
人狼ゲームは、村人の中に隠れる人狼を探すために、会話をしながら怪しい人を選び「排除」していく、議論と投票が重要なゲームです。『グノーシア』は、1人用アドベンチャーゲームでAIとの人狼ゲームを繰り返しながら、ストーリーが進行します
舞台は漂流する宇宙船、この中にウソをつく生命体「グノーシア」が潜んでいます。彼らは人のふりをして、毎晩一人ずつ乗員を消していきます。プレイヤーは宇宙船の乗員として、グノーシアを見つけ出し、「コールドスリープ」させて排除することを目指します。ただし、プレイヤー自身がグノーシアになることもあります。

怪しい者を投票で1人選び、コールドスリープさせよう。

あなたがグノーシアになることも!

ゲームの基本的な流れはこうです。

1. 昼に、全員で誰をコールドスリープさせるべきかを議論して投票で選ぶ。
2. コールドスリープされた人は、議論の場から排除される。
3. 夜に、グノーシアが消失させる人間を選ぶ。
4. グノーシアに選ばれた人間は、議論の場から排除される。
5. 1と4の昼夜を繰り返し、グノーシアを全員コールドスリープさせたら人間側の勝利。人間が全滅した場合は、グノーシア側の勝利。
6. 勝敗が決すると時間がさかのぼり、新たな役割で次のゲームへ。

「議論」と聞くと難しそうですが、「疑う」や「かばう」などのコマンドを選択するだけで進められるので、とてもシンプルに人狼ゲームがプレイできます。

乗員やその発言に対して、コマンドを選ぶだけ!

人間味のある、AIとの議論

目立ちすぎてはダメ

議論の場では目立ちすぎてはダメなんです。目立つと乗員からの「ヘイト」(まわりの注目度)がたまり、まわりから投票されやすくなったり、「グノーシア」に狙われやすくなったりします。
かといって、だまってばかりでもダメ。ウソを隠しているかと疑われます。そう、何ごともほどほどに立ち回る必要があるんです。

目立ちすぎると……。出る杭は打たれる社会!

逆に、発言を避けていても信用されない。

信頼関係が大事

まわりから信頼されていないと、同意は得られません。自分ふくめ乗員それぞれの間には「信頼度」というパラメータがあり、これが低いと同意してもらえないのです。議論を上手く進めるには、前もって「かばう」や「同調」を行い、信頼度を上げておくのことが大事。

「かばう」ことで、信頼している意思表示!

そうすると、自分の意見が通りやすくなるんです。なんか根回しみたいだ。

乗員たちの性格を知っていく

乗員たちはそれぞれ自分の性格に沿った行動をします。論理がすべての者もいれば、ときには理屈よりも感情で動く乗員もいます
嫌いな相手には仲間だとわかっていても反発する人がいたり、いつでもみんなを信じたがるお人好しもいたり。そして、好きな相手が「グノーシア」だと気づいても、かばい続けてしまう人も。議論を通じて、それぞれの性格を知っていくことが、勝利への一番の近道なのです

論理至上主義者「ラキオ」は、確率重視で行動する。でもヘイトをためがち。

誰にも素顔を見せない「SQ」は、慎重で利己的。演技力が高くて、ウソが上手い。

天真らんまんな「コメット」は、社交的で気持ち重視。自分の好き嫌いで行動する。

恋する優しいお姉さん「ステラ」は、真面目だけど、恋に落ちると周りが見えなくなる。

目立ちすぎず、ほどほどに立ち回り、信頼を得つつ、相手の性格を探って……と、ただウソや矛盾を見つけるだけでなく、発言バランスや信頼関係、感情にも気を配らないといけません。まるで社会を生き抜く処世術を思わせる議論。しかもコンピュータ相手に。なんて人間味があるゲームなんだろう!

議論とは、信頼をめぐる戦い

『グノーシア』は、人狼にRPG要素を持たせているところも新しい。
1ゲームごとに経験値を得られます。それが貯まるとレベルアップして、自分のプレイスタイルに合わせて6つの「能力値」を伸ばせます。発言に力を持ちたいか、好かれたいか、ウソが上手くなりたいか。プレイヤー自身の性格が、ここに表れそうで面白い。あなたは、どんな風に立ちまわりたいですか?

最初はステルスからレベルアップ。だって、グノーシアに襲われたくないから……。

さらに、レベルが上がると「スキル」を使えるようになります。これは議論における必殺技のようなもの。スキルを駆使して、相手の信頼度を大きく変動させることができます。ときには、相手からのスキルをくらうことだって。
実は『グノーシア』の議論とは、信頼をめぐる戦いでもあるんですね

味方にしたい相手は「協力しよう」で信頼度アップ。

論理的に矛盾があると「絶対に敵だ」で信頼はガタ落ち。

ストーリーが進むにつれて、他の乗員の議論する力も増していきます。時には、ボス戦のようなゲームも。

ループとともに明かされていくストーリーの謎。
なぜ、彼らは宇宙船にいるのか?
なぜ、時間がループし続けるのか?
そして、「グノーシア」とは一体なにか?

きっとあなたも、この世界にどんどん引き込まれていくはず。
後半にはストーリーを進めるため試行錯誤をしながら、ループを繰り返す主人公と同じ感覚を味わうことになりました。でも、実はこれも開発者の意図だったとは……。

後日、開発者インタビューも予定していますので、お楽しみに!

乗員たちの素性が、少しずつ明らかになっていく……。

『グノーシア』は、2020年4月30日に配信予定です。
あらかじめダウンロードも開始していますよ。

それではみなさん、よいインディーライフを!

©2020 Petit Depotto.

edited by : SOEJIMA・BOKU
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。