2015.12.17

ついに『MOTHER3』がWii Uバーチャルコンソールで配信開始! シリーズ作すべてがWii Uで遊べます。

  • この記事をシェアする

ついに、Wii U用のバーチャルコンソールで、『MOTHER3』の配信が開始されました!

『MOTHER3』プレイ映像

『MOTHER』とは、糸井重里さんがゲームデザインを手がけるロールプレイングゲームシリーズのことで、1作目『MOTHER』は1989年にファミコン用に、2作目『MOTHER2 ギーグの逆襲』は1994年にスーパーファミコン用に、3作目『MOTHER3』は2006年にゲームボーイアドバンス用に発売されました。

バーチャルコンソールとしては、これまでに『MOTHER』と『MOTHER2 ギーグの逆襲』の2作がWii Uで発売されてきましたが、今回の『MOTHER3』の発売によって、『MOTHER』シリーズ3作すべてがWii Uで遊べることになりました。この時を待ち望んでいたファンの方もきっと多いですよね!

ところで、このシリーズをまだ遊んだことのない方に、少しだけこのゲームについてご紹介しますと・・・。

第1作『MOTHER』は1900年代はじめのアメリカの田舎町を舞台に、不思議な力「PSI」を持つ少年が、突如遭遇した怪現象の原因を突き止めるため、勇気を出して旅に出るというお話。第2作『MOTHER2 ギーグの逆襲』は、銀河宇宙最大の破壊主「ギーグ」の野望を阻止するため、主人公の少年が共に戦う仲間を探して立ち上がります。ちなみに、この『MOTHER2』の主人公が、『大乱闘スマッシュブラザーズ』のファイターとして登場する「ネス」です。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

そして、第3作『MOTHER3』では、場所も時代もわからない、すべてが謎につつまれた「ノーウェア島」のとある村を舞台に、冒険をする主人公たちが出会いと別れをくり返し、お話がつむがれていきます。主人公のひとり「リュカ」を中心に、個性豊かな登場人物たち、そして、人と人とのつながりがこのゲームの軸になって展開していきます。頼れるお父さん、大好きなお母さん、ぶっきらぼうなおじいさん、ドロボウの親子に、男勝りの女の子・・・。いくつもの絆が、物語のなかに色濃く描かれていくのです。

こんなふうに、お話や世界観がとても魅力的な『MOTHER』シリーズですが、どの作品も、その作品だけ遊んでも「まったくわからない」ということはなく、それだけで楽しめるような作品になっています。今回配信がはじまった『MOTHER3』から遊んでいただいても十分に楽しめます。シリーズ作を経験されていなくても心配はいりませんので、ぜひ『MOTHER』の世界に足を踏み入れてみてください。そしてさらにほかの作品も遊ぶと、つながりがみえてより楽しめますよ。

※「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、それぞれ下記タイトルのリンクから、ソフトをご購入いただけます。

『MOTHER』
  → 617円(税込)
『MOTHER2 ギーグの逆襲』
  → 926円(税込)
『MOTHER3』
  → 702円(税込)

『MOTHER』デザインのプリペイドカードを店頭で発売中!

そして、今回の『MOTHER3』の配信に合わせて、『MOTHER』シリーズのキャラクターが描かれたニンテンドープリペイドカード(2,000円) を店頭で発売しています。

※数に限りがございますので、無くなり次第終了させていただきます。

※取り扱いチェーンの中には、本商品を取り扱っていない店舗もございます。

※店舗によって入荷状況が異なります。取り扱い状況は各店舗にお問い合わせください。

「リュカ」のamiiboも新発売!

また、『MOTHER3』の主人公のひとり、「リュカ」のamiiboも本日(12/17)より発売していますので、ファンの方はこちらも要チェックですよ!

©1994 Nintendo/APE inc. Scenario:©1994 SHIGESATO ITOI JASRAC許諾番号:9008470022Y43145

© SHIGESATO ITOI / Nintendo © Nintendo / SHIGESATO ITOI / APE inc.

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。