少女は少年を演じた。少年歌劇シミュレーションゲーム『ジャックジャンヌ』、Nintendo Switch向けに本日発売。石田スイ先生のコメントも。

  • この記事をシェアする

『東京喰種トーキョーグール』の作者石田スイ 氏と、『うたの☆プリンスさまっ♪』などで知られるブロッコリーさんのタッグがおくる少年歌劇シミュレーションゲーム『ジャックジャンヌ』が、本日いよいよ発売となりました

大人気漫画家の石田スイ 氏が原作、世界観設定、キャラクターデザイン、シナリオ、更には17曲ある楽曲全ての作詞や、作中公演の舞台衣装デザインなど細部に渡るまで手掛ける本作シナリオ量は一般的な小説20冊以上、イベントイラストは160枚を超えるなど、圧倒的ボリュームを誇ります。

また、歌曲、BGMの作曲は、映画やテレビドラマ、CM音楽などの分野で活躍する小瀬村晶 氏、3Dキャラクターのダンス振付は世界的に評価の高いコレオグラファーSeishiro 氏、コンセプトアートに人気ゲームを多数手掛けるコンセプトアーティスト浪人 氏をそれぞれ起用。非常に豪華な内容となっています。

あらすじ

役者を志す少年たちが集う「ユニヴェール歌劇学校」。狭き門を突破して入学した生徒たちはクオーツ、オニキス、ロードナイト、アンバーの4つのクラスに分かれ、お互いに競い合いながら演劇を学んでいた。とある出来事がきっかけで女性であることを隠して入学した主人公「立花希佐」は、自身の夢を叶えるため、所属クラスのため、“歯車”となって仲間たちとの絆を深めていく。仲間たちと過ごした先に主人公を待ち受ける未来とは……?

キャラクター

ゲームシステム

本作は、キャラクターとの交流やレッスンを楽しめる「日常パート」と、本格的な舞台体験が楽しめる「公演パート」に分かれています。

日常パート

■ STORY ~仲間たちとの絆を深めよう~

ユニヴェール歌劇学校では、授業の一環として定期的な舞台公演が行われます。ライバルクラスは強敵揃い。彼らに打ち勝つべく、クラスの仲間たちと公演に向けて日々準備に励みましょう。

▶ 選択によって変化するストーリー

ストーリー中に選んだ選択肢によって、物語が変化します。

・立花希佐ルート
クラスメイト達と団結し、築き上げた絆を武器に最終公演での主役を目指すストーリー。

・キャラクタールート
クラスメイトのうち1人をパートナーとして最終公演での主役を目指すストーリー。

▶ さまざまなキャラクターたちと交流しよう

休日は、クラスメイト以外のキャラクターとも交流することができます。普段は見ることのできないライバルたちの普段の姿がわかるかも? 交流の結果によって、時には主人公のパラメータが上がることもあります。

■ SIMULATION ~どう伸ばしていくかはあなた次第~

1年間の最後に行われる公演で主演になることを目指す主人公にとって、日々のレッスンは不可欠。主人公はプレイヤー自身が決めたレッスンを行うことで、役者として成長していきます。
レッスンは6種類あり、選んだ内容に応じたパラメータを伸ばすことができます。
伸ばしたパラメータによって公演成績の結果が変化するほか、学校内でも様々なイベントが発生します。

▶ レッスンでパラメータを伸ばそう

ユニヴェール歌劇学校では、演劇を学ぶため、月曜日から金曜日の平日にレッスンを行う事ができます。レッスンを行うことで、主人公を成長させることができます。

▶ クラスメイトと仲が深まるきっかけに?

レッスンで伸ばしたパラメータと、ストーリー中に獲得したキャラクターとの親密度によって、クラスメイトとの仲が深まる親密度シナリオが発生します。

▶ めざせトロフィーコレクター

レッスンで上げたパラメータやゲーム中の行動に応じて、トロフィーを獲得することができます。

公演パート

■ PERFORMANCE ~ゲームで出来る舞台体験~

ユニヴェール歌劇学校では1年間に5回の公演が行われます。脚本、楽曲、衣装、ダンスに至るまで本格的な作り込みがなされた公演パートで、舞台に立つ臨場感を体験しましょう。舞台上では共演者との緊張感あふれる会話に加え、時には思わぬトラブルが発生することも……? 何が起きても大丈夫なように、万全を期して挑みましょう。

▶ 公演の裏側(幕間)もお見逃しなく

公演にまつわる出来事は表舞台だけではなく、舞台の裏側でも起こっています。幕間では、そうした舞台裏の出来事も知ることができます。

■ RHYTHM ACTION ~豪華歌曲と映像で楽しむ~
歌とダンスは舞台の花。簡単操作で楽しめる2種類のリズムアクションで公演を彩りましょう。「歌唱リズムアクション」ではキャラクター達の歌声に加え、特別なミュージックビデオを、「ダンスリズムアクション」では3Dモデルのキャラクターたちが舞い踊る映像をバックに、リズムアクションを楽しむことできます。

▶ 歌唱リズムアクション

ノーツの軌跡に合わせて左右にカーソルを動かし操作します。ノーツから伸びている長いラインに注目し、ラインをなぞるように動かすのがコツです。

▶ ダンスリズムアクション

上から降りてくるノーツと対応したボタンをタイミングよく押して操作します。押すべき4つのボタンがどこにあるのかじっくり確認してから挑みましょう。

▶ スペシャルノーツに注目

虹色のスペシャルノーツをミスせずプレイすると、最も親密度の高いキャラクターがスキルでサポートしてくれます。

▶ 結果によって順位が決まる

リズムアクションの成績は公演ごとに4クラスの順位を決める「クラス賞」に反映される他、学年内で個人の順位を決める「個人賞」にも影響を与えます。

はたしてあなたは、クラス優勝や個人金賞を勝ち取ることができるでしょうか……?

石田スイ 氏からメッセージ

「やることないなーヒマだなー、なんかないかなー……」

最近、僕はそればかり考えています。

電子書籍で漫画を読んでみたり、
テレビをボーッと眺めてみたり、
小難しい本を読んで思索にふけったり、
動画配信サービスを上から下までスクロールしたり、SNSをだらだら眺めたり。

とにかく、退屈なのでしょうね。

だから、なんでもいいから、
少しの間でも気を紛らわせてくれるものがあれば、
もっといえば、夢中になれるようなものがあればいいな、などと考えて生きています。
なかなか見つかりませんが。

日常を過ごす僕が顔も知らない人たちも、
もしかしたら同じような、なんともいえないモヤモヤ感を抱えて
生きているんじゃないかな、って勝手に想像しています。

僕は、ジャックジャンヌは、
そんなモヤモヤを少しの間でもごまかすものに
なれるんじゃないかな、と期待しています。

残念ながら、この作品は自分でつくったものなので、
新鮮な気持ちでプレイすることはできないけど、
もし記憶を失ってプレイできたら、
結構いいヒマつぶしになったんじゃないか、と思います。
クリアした後は、ちょっとした「なにか見た感」も感じたかもしれない。

ジャックジャンヌは、そんな作品になったと思っています。

皆さんの日々のモヤモヤを、
少しの間でも紛らわせることができれば、
もっといえば、夢中になって楽しんでもらえたら、なによりです。

なかなかのボリュームなので、ちょっとやそっとじゃ終わりません。

試験勉強の合間、家事でひと息つくとき、
仕事の休憩タイム、ベッドで眠る前の少しの時間、
Switchでダウンロードして、少しずつ、あるいは一気にプレイしてみてください。

ジャックジャンヌ、一生懸命つくりました。
皆さんの日々のお暇にお付き合いできれば幸いです。


石田スイ

いかがでしたでしょうか。歌劇学校を舞台に行われる少年少女たちの青春群像劇『ジャックジャンヌ』。序盤がまるごと遊べる無料体験版も配信されていますので、まだチェックされていない方は、ぜひこの機会に遊んでみてくださいね。
現在ニンテンドーアカウントでログインしていれば、以下のリンクから体験版、製品版共にダウンロードしていただけますよ。

ニンテンドーSwitch

    ©Sui Ishida/BROCCOLI

    edited by : 編集部 Masu
    • この記事をシェアする
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る