『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』は本日発売。知っているとより楽しめる、”あそびのヒント”をご紹介。

  • この記事をシェアする

『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』は、いよいよ本日発売。

『スーパーマリオブラザーズ』、『スーパーマリオブラザーズ2』、『ボール』の3つのゲームと、スーパーマリオをモチーフにした「マリオ時計」が入った、スーパーマリオブラザーズ35周年特別商品です。

当時、『ゲーム&ウオッチ』シリーズをお持ちだった方はもちろん、初めて遊ぶという方も、ぜひお手に取ってみていただければと思います。

マイニンテンドーストアでは、12月中旬までにお届け予定の「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」を販売中です。

※本商品は、2021年3月までの期間限定生産です。

今回は、知っていると『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』がもっと楽しめる、”あそびのヒント”をいくつかご紹介したいと思います。

『スーパーマリオブラザーズ1・2』のヒント

無限マリオ

Aボタン長押しでゲームを開始すると、マリオが何回ミスをしてもゲームオーバーにならない「無限マリオ」モードに変化。難しいコースでもマリオの残り数を気にせず、当時のゲーム&ウオッチのように何度でも気軽にチャレンジできます。

ちなみに、「無限マリオ」モードから抜けるには、「PAUSE/RESET」ボタンでメニューを開き、「RESET GAME」を選ぶことで抜けることができます。

※原作にはありませんでした。

タイトル画面でワールド選択

タイトル画面でBボタンを押すと、実際にプレイして辿り着いたワールドを選択して1面からプレイすることができます。序盤を飛ばして「8-1」からチャレンジしたい、といったときにおススメです。

※原作にはありませんでした。

HARDモード

『スーパーマリオブラザーズ』では、ゲームをエンディングまでクリアすると、難易度の選択(NORMAL/HARD)ができるようになります。HARDモードでは敵キャラクターが変化するなど、難易度がアップしています。

※原作では、クリア後電源を切るまでハードモードを遊ぶことができました。

ワールドA~D

『スーパーマリオブラザーズ2』には、クリア後のその先のコース「ワールドA~D」があることをご存じでしたか?
ゲームを1回クリアすると、タイトル画面に星が1つ付きます。星を8つ以上集めた状態でBボタンを押してワールド選択をすると、そこには「A-1」の文字が・・・! ぜひチャレンジしてみてくださいね。

※原作では、星を8つ以上集めたうえでBボタンを押しながらゲームを開始することで、「A-1」からプレイできました。

『ボール』のヒント

ゲーム&ウオッチの初代タイトルである『ボール』は、キャラクターがマリオになった特別バージョンが収録されています。タイトル画面で「Aボタン」を5秒以上押しっぱなしにすると、キャラクターがルイージに変化します。

「マリオ時計」のヒント

ゲームを遊ばないときには、ボタンひとつでマリオデザインのデジタル時計に早変わり。この「マリオ時計」では、時間帯や条件によって35種類の小さな秘密イベントが発生します。

このトピックスでは、特別に3つだけ、見ることのできる条件をご紹介します。

5時55分(AM/PM問わず)になると、時計のブロックがコインに変わります。

7時台(AM/PM問わず)には、地面からチョロプーが出現。地上を駆け回ります。

1時11分(AM/PM問わず)になると3匹のゲッソーが登場。画面上へ空中を泳いでいきます。

ぜひこまめに時計をチェックして、隠された秘密イベントを探してみてくださいね。

※収録されている秘密イベントの1つ「マリオ絵描き歌」に関しまして、仕様に誤りがございました。くわしくはこちらのページをお読みください。

Nintendo TOKYOに35周年オリジナルグッズ登場

任天堂直営オフィシャルストア「Nintendo TOKYO 」では、本日よりスーパーマリオブラザーズ35周年ロゴをあしらったオリジナルグッズが登場します。

歴代スーパーマリオシリーズのタイトルロゴやアートがデザインされています。マイニンテンドーストア でも販売しておりますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

また、既に発売中のスーパーマリオオリジナルグッズの一部も、本日からマイニンテンドーストア でご購入いただけるようになりました。こちらも気になる方はぜひご確認ください。

© 1980-2020 Nintendo

ランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
すべての記事を見る
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
ランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
すべての記事を見る