『スーパーマリオメーカー』 コース募集企画「見せてみろ 夏より熱い職人魂」結果発表!

  • この記事をシェアする

遊べるコース数が800万コースを突破した『スーパーマリオメーカー』(2016年8月30日現在)。先日の「ニンテンドー3DSダイレクト」では、『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』も発表されました。

そんな「スーパーマリオメーカー」ですが、以前、トピックスの記事でお伝えしたコース募集企画「見せてみろ 夏より熱い職人魂」の結果発表が、先週、行われました。

優秀作品に選ばれたコースは、どれも職人魂を感じる素晴らしいコースばかりですが、残念ながら選ばれなかったコースにも、センスあふれるコースがたくさんありました。

今回は、その中から本当に惜しかったコースを、各テーマごとに3コースずつ、開発スタッフのコメントとともにご紹介いたします。

「Pドア」を使ったコース

◆The Legend of Zelda ~Pスイッチの神殿~
作成:ケーイさん
コースID:9F8B-0000-0275-894D ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

4種類のリンクのキャラマリオで進行する謎解きコース。Pスイッチを使った謎解きが、ふんだんに盛り込まれています! 時にはブラックパックンやドッスンに追いかけられたり、とスリル満点で、最後までドキドキしながらプレイできました。ギミックが盛りだくさんなのに、Pドアのネタが少なかったことと、必須ギミックに透明ブロックがあって気付きにいところが少し残念です。

◆敵に当たらなければ、時間は延びる
作成:Uまさん
コースID:B157-0000-0125-EC19 ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

「Pドアを時間制限の仕掛けとして使用する」という驚きのギミックコース。ダメージを受けてしまうと(ちびマリオになってしまうと)攻略する時間がどんどん無くなってしまいます。ギミックはよくできていましたが、ちびマリオになってしまった時に復活する方法が透明ブロックというのが分かりにくいかもしれません。

◆P仕掛けの未来都市 P-System Future City
作成:ミリンレモンさん
コースID:25EB-0000-027F-DA42 ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

色んなものがオートメーション化された未来都市。でもどこか自然らしさも感じる独特の雰囲気を持ったステージです。「Pスイッチの効果時間以内にPドアに入れるか」というギミックを多様なバリエーションで遊ぶ事ができます。後半に進むと段々アクション難度も上がってきて、最後は手に汗握る展開に。仕掛けに凝っていますが、逆に凝りすぎてちょっと見にくく(遊びにくく)なっている点が惜しかったです。

「夏」っぽいコース

◆夜空の花火大会 ~Fireworks in Night Sky~
作成:ユウキさん
コースID:D50A-0000-026D-55DC ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

ビルの上空に打ち上げられた花火がうまく表現されており、とても夏らしいですね。ファイアバーやあか砲台を花火に見立てているのも面白いです。見た目がとても楽しくBGMも見事にマッチしていて、遊ぶテンポも良かったです。ゴール時のビールの絵にクスッとしました。雰囲気重視でとても綺麗なコースですが、ギミックにもう一工夫あると良かったです。

◆ちょっと夏っぽいコース 夏休みの宿題はお早めに
作成:げっぺいさん
コースID:0CF4-0000-027E-26C7 ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

コース内が見た目にカラフルで、海のように見える氷ブロックと、浮き輪のように見えるマルマルがあって、とても夏らしさが感じられました。地上のコースなのにプクプクやゲッソーがたくさんいるので、まるで海の上のコースを遊んでいるかのようで、波のように押し寄せるプクプクの群れは賑やかでした! ただ、置いてある敵がほとんど当たらない位置にあるので、そこに物足りなさを感じました。

◆Rafting on the River ~ いかだで川下り
作成:りらつくまさん
コースID:E68C-0000-0240-4AE0 ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

たくさんのツタを上手く使って夏っぽい雰囲気が良く表現されていますね。氷ブロックとレールに乗せたリフトを使った川下りのギミックは、ただ乗って進んでいくだけではなく、出現タイミングや配置場所が絶妙な敵やピンクコインのおかげで、非常にスリルがありつつもやり応えを感じられました。ただ、操作に失敗するとトゲ地形でミスになるのは、ちょっと不親切かもしれません。

オトアソビの「電話」を使ったコース

◆ここほれテレフォン  Treasure Telephone
作成:レククさん
コースID:FB59-0000-0266-B90B ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

まさにコース名通りのコース内容です。まさかヒントが電話だったとは・・・。途中「これは厳しいかも・・・」と思ってしまう場面もあるのですが、上手く考えられた仕掛けのおかげで、その難しさが解消されており思わず感心してしまうコースでした。ただ、1つのネタで構成されたコースでしたので、少し単調になってしまう感じがしました。

◆警報鳴ったら暴走ハナチャン Warning!→Wiggler!!
作成:もものけひもさん
コースID:7D43-0000-01B6-67D9 ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

ギミックが発動したことを知らせる音として、電話の音が使用されているのは分かりやすいですね。暴走したハナちゃんを回避するポイントが多数設けられていること、進行の道筋をコインで示してくれているので易しさを散りばめられたコースでした。アイディアはとても面白かったですが、電話の音が無くても端に避けることができてしまう点が惜しかったです。

◆電話3兄弟 / Telephone Brothers
作成:ふるくしさん
コースID:3B1D-0000-0278-FC69 ブックマークで見る

【開発スタッフコメント】

ドット絵で描かれた電話がコースの一部として利用されているのには驚きました。終盤にあるパワーアップアイテムの選択によって難易度が変わるため腕試しにもってこいですね。タイミングを計って進行する部分が、たくさんあり最後までドキドキしました。電話愛が溢れるようなパーツ配置でしたが、ギミックにもう一工夫欲しかったです。

いかがでしたか!? どのコースも優秀作品に劣らない情熱が注ぎ込まれたコースばかりだと思います。ぜひ、これらのコースもプレイしてみてください!

©2015 Nintendo

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。