新感覚 潜水探検アクションゲーム『深世海 Into the Depths』がNintendo Switchに登場!

  • この記事をシェアする

Nintendo Switchダウンロードソフト深世海 Into the Depthsが、カプコンさんから本日発売されました。『深世海 Into the Depths』は、⼈類未踏の深海「世海(せかい)」を探検する、潜⽔探検アクションゲーム
独創的な世界観とビジュアル、⾼品質な“⽔中”サウンドとともに、新感覚の冒険が楽しめます。

「Nintendo Direct mini 2020.3.26」で公開された映像をご覧ください。

「潜海者」となって、広大な「世海」を探索する。

Introduction

地表が氷に覆われた世界にたった⼀⼈⽣きている主⼈公。

崩壊が⽇常となってしまった⽇々を淡々と過ごす中、偶然、未知の機械「潜導」と出会い、この「世海」の謎を探るため、深い海の底を⽬指す。

様々な海洋⽣物、⽔圧、酸素残量、海に沈んだ「世海」の遺物…
海の美しさ、脅威の全てが、「世海」に残された最後の未開の地 “深海” へと誘う。

プレイヤーは、人類最後の生き残りである主人公「潜海者」として、未知の機械「潜導」のサポートを受けながら、ともに深海の底を目指します。

潜海者(左)と潜導(右)。

「潜導」は深海探索の相棒。
行き詰まったときは、フキダシでヒントのアイコンを表示してくれる。

本作の醍醐味は、なんといっても未知の深海の探索。陸地とは違った、浮遊感のある海中アクションが楽しめます。
「世海」の自然の中には文明の遺物なども眠り、それが障害物となることも。さまざまなアクションやアイテムを駆使して障害を乗り越え、探索や採掘をしながら海深く潜っていきます。
移動手段は、主人公のホームベースでもある潜水艦。潜水艦の近くでは酸素の供給を受けられますが、潜水艦を離れて探索する際は、酸素の残量に注意が必要です。

採掘して素材を入手。

素材を使うと、装備の強化やアイテムの作成が可能。

探索で新たな武器を手に入れることも。

潜水艦のそばでは、酸素量を気にせず活動できる。

探索の途中では、海中に眠る謎めいた建造物や文明の残骸だけでなく、そこに棲む多様な生物たちにも出会います。彼らにとって主人公は"侵略者"。テリトリーに足を踏み入れた瞬間、襲って来ます。中には巨大で強大な生物も。装備を駆使して生き残りましょう!

「臨時潜水」で限界に挑戦

本編クリア後には、己の限界に挑戦するタイムアタック「臨時潜水」も楽しめます。
本編とは異なる過酷なルールで、いかに早く最下層までたどり着くか、チャレンジするモードです。本編で覚えたアクションを駆使し、限られたアイテムと武器で障害を乗り越え、最短時間を目指しましょう。チャレンジに成功した方には、さらにシビアなハードモードも用意されているそうですよ!

「自動演奏装置」で神秘的な海のしらべを堪能

幻想的で謎に満ちた海中世界を演出するBGMも本作の特徴のひとつ。こだわりのBGMを好きなだけ聴くことができるミュージックプレイヤー「自動演奏装置」機能も搭載されています。
「自動演奏装置」では、好きな曲に、ゲーム中で使用している様々なエフェクトをかけて聴くこともできます。例えば、水中で聴いているかのようなエフェクトでも、深度を選択することで細かく調整できたり、洞窟内のように反響するエフェクトをかけたり。お好みで「深世海」の楽曲を楽しめます。

なぜ世界はこうなったのか…
「世海」の底にはいったい何があるのか?
探索の果てにたどり着く最深層に、はたしてどんな真実が待っているのでしょうか?
ぜひ、ご自身の目で確かめてみてください!

いま「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、下記リンクからすぐにソフトをダウンロード購入いただけます。

ニンテンドーSwitch

    ©CAPCOM CO., LTD. 2019, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.
    ※本商品はダウンロード版のみの販売となります。パッケージ版の発売予定はございません。

    edited by : 編集部 Hana
    • この記事をシェアする
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。