Nintendo Switch『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』が7月16日に発売。特別デザインのJoy-Conも同時発売。

  • この記事をシェアする

本日公開された「Nintendo Direct 2021.2.18」にて、Nintendo Switch『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』が発表されました。7月16日(金)発売です。

「ゼルダの伝説」シリーズプロデューサーの青沼が、映像内でくわしくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

物語

舞台は、空に浮かぶ島「スカイロフト」。人々は大きな鳥「ロフトバード」に乗り、大空を移動して生活を送っていました。騎士学校に通う主人公の青年リンクは、とある出来事によって離れ離れになってしまった幼なじみの少女ゼルダを探すため、雲の下に広がる大地へと降り立つこととなります。

地上世界には、森・火山・砂漠など、スカイロフトの人間はまだ誰も足を踏み入れたことのない、未知なる大地が広がっています。リンクは天空と地上とを行き来しながら、おなじみの剣や盾、そして多彩なアイテムを駆使して、立ちはだかる強敵との戦闘や、さまざまな謎に立ち向かい、ゼルダの手がかりを探します。

直感的な操作をNintendo Switchで

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』は、2011年にWiiで発売したタイトルで、Wiiリモコンプラスとヌンチャクを使った直感操作が特徴でした。

Nintendo Switchでは、それを「Joy-Con 2本持ち」によって再現。処理速度は60fpsとなり、よりスムーズに直感的な操作でお楽しみいただけるようになりました。

右のJoy-Conは剣に対応し、振る方向や動きに連動してリンクが剣を振ります。
左のJoy-Conは盾に対応し、相手の攻撃を防ぐことができます。

Joy-Con 2本持ち

左は盾

右は剣

そのほか、弓矢を放ったり、バクダンを転がしたりといったアイテムの操作もJoy-Conを使って直感的に行うことができるので、より主人公のリンクと一体になってプレイすることができます。

また、携帯モードやNintendo Switch Liteでもプレイしていただけるよう、本作ではボタン操作に対応しました。「スカイウォードソード」の特徴である直感的な剣の操作は、スティックの弾き入力と連動。弾く方向にあわせてリンクが剣を振る、新しい操作感覚でお楽しみいただけます。

特別デザインのJoy-Conも同日発売

「Joy-Con(L)/(R) ゼルダの伝説 スカイウォードソード エディション」も、ソフトと同日の7月16日(金)に登場します。右のJoy-Conは ”マスターソード” 、左のJoy-Conは ”ハイリアの盾” をモチーフとしたデザインです。

Joy-Con 2本持ちによる直感操作が特徴の本作を、ぜひ特別デザインのJoy-Conでプレイしてみてはいかがでしょうか?

本日より予約受付開始

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』のソフトと、「Joy-Con(L)/(R) ゼルダの伝説 スカイウォードソード エディション」は、本日より順次、全国のゲーム取扱店やオンラインショップ、マイニンテンドーストアで予約を開始します。

ソフトは、「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、以下のリンクからすぐにダウンロード版をご予約いただけます。

ニンテンドーSwitch

    また、本作はNintendo Switch Online加入者限定特典の「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」の対象タイトルです。お得に購入できますので、こちらもぜひご検討ください。

    発表に合わせて紹介ページもオープンしましたので、ご興味のある方はチェックしてみてください。

    © Nintendo

    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る