1980年に登場した『ゲーム&ウオッチ』が、35周年を迎えた『スーパーマリオブラザーズ』とのコラボレーションで復活!

  • この記事をシェアする

1980年に登場した携帯型ゲーム機『ゲーム&ウオッチ』シリーズ を覚えていらっしゃいますでしょうか?

1つの本体に1つのゲームが入っており、ゲームをしない間はデジタル時計として使うことができます。『ボール』『オクトパス』『オイルパニック』など、50種類以上のシリーズがあり、全世界で約4,300万台以上が販売されました。

そんな『ゲーム&ウオッチ』が、35周年を迎えた『スーパーマリオブラザーズ』とのコラボレーションで復活を果たします。その名も、『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』。期間限定生産の35周年特別商品として、11月13日(金)発売です。

※本商品は、2021年3月までの期間限定生産です。

まずは、こちらの初公開映像をご覧ください。

ゲーム&ウオッチで『スーパーマリオブラザーズ』

ファミコン用ソフトとして発売した『スーパーマリオブラザーズ』『スーパーマリオブラザーズ2』を、なんとゲーム&ウオッチの画面でプレイ! A・Bボタンや十字ボタンが付いているので、「スーパーマリオ」を快適にプレイすることができます。

また、タイトル画面で”とあること”をすると、マリオが何回ミスをしてもゲームオーバーにならないモードに変化! 難しいコースでもマリオの残り数を気にせず、当時のゲーム&ウオッチのように何度でも気軽にチャレンジできるようになりました。

『スーパーマリオブラザーズ』

『スーパーマリオブラザーズ2』

ボール

ゲーム&ウオッチの初代タイトルである『ボール』も収録しており、キャラクターがマリオになった特別バージョンを遊ぶことができます。とある方法で、ルイージも選べるようになるらしい・・・?

『ボール』

小さな秘密が詰まった「マリオ時計」

ゲームを遊ばないときには、ボタンひとつで、マリオデザインのデジタル時計に早変わり。実はこの「マリオ時計」では、35種類の小さな秘密イベントが発生します。特定の時間帯に発生するイベントのほか、ある操作をすることで発生するイベントも。すべてのヒミツを見ることができるでしょうか?

「マリオ時計」

本体情報

本体はコンパクトなポケットサイズで、フルカラー液晶を搭載しています。充電は本体側面のUSB端子から。約3時間の充電で約8時間のゲームプレイが可能です。

※目安の時間です。本体設定や使用状況によって変化します。

詳しくは、本日オープンした公式サイトでご確認ください。

懐かしいけれど、どこか新しい。『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』は、2020年11月13日(金)、4,980円(税別)で発売予定です。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。