あなたの選択肢で物語が動き出す。新感覚インタラクティブ映画ゲーム『Death Come True(デスカムトゥルー)』がNintendo Switchで本日配信!

  • この記事をシェアする

「ダンガンロンパ」シリーズなどで知られる鬼才・小高和剛氏による全編実写ムービーの完全新作SFミステリー。『Death Come True(デスカムトゥルー)』が、イザナギゲームズさんより、Nintendo Switchダウンロード専用ソフトとして本日配信されました!

プレイヤーの操作は、Joy-ConのLスティックでカーソルを合わせて、Aボタンを長押しするだけの簡単な操作のみ。ゲーム初心者の方もまるで映画を観ているかのような感覚で楽しむことができます。

物語の様々なシーンであなたの選択の通りに主人公が行動しストーリーが進みます。あなたの選択の先には一体どんな結末が待っているのでしょうか…?

豪華キャストで贈る、新感覚の全編実写によるインタラクティブ映画ゲームとなる本作。あなたもこの機会にぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。注目作です!

Cast(出演者)

カラキマコト役 本郷奏多

ホテルで目覚めると記憶を失っていたが、テレビのニュースで、自分が連続殺人犯として指名手配されていることを知る。死ぬと、なぜか最初に目覚めた瞬間まで時間が巻き戻る。

サチムラアカネ役 栗山千明

カラキが目覚めたのと同じホテルの部屋にいた特殊捜査課の女性捜査官。バスタブで気絶したまま縛られている状態で発見される。

クジノゾム役 森崎ウィン

特殊捜査課の若手のエリート捜査官。連続殺人犯のカラキマコトを追っているらしい。

ホテルのフロント役 梶裕貴

カラキが目覚めたホテルのフロント。彼はこのホテルの“ある秘密”を知っているようだ。

クルシマネネ役 山本千尋

ホテルにたまたま泊まっていたエキセントリックな女性。殺人マニアで、連続殺人犯であるカラキの大ファンを自称している。

ミノウケンイチ役 佐藤二朗

夕方帯番組の司会を務める人気ニュースキャスター。人当たりの良さと、自由奔放なトークでお茶の間を虜にするが…とある理由から、ホテルを訪れる。

Introduction(あらすじ)

とあるホテルの一室。
ベッドに横たわる、1人の男。
けたたましく鳴り響く電話の音で目が覚める。
電話をとるとフロントからのメッセージ。
「お困りのことがあればいつでもフロントまで」
男は、自分がどうしてここにいるのかわからない。
というか、何も思い出せない。
ふと、まわりをみわたすと、縛られ気を失っている女性。
テレビから流れるニュース映像。
そこには、連続殺人犯として指名手配されている男の姿が。
そこへ、ドアをノックする音。

Collection(コレクション要素)

主人公が新しい「死」を経験する度にその死に方にちなんだ「デスメダル」を収集することができます。「デスメダル」の収集枚数に応じて「デスチューブ」という特典映像がオープンされていきます。コンプリートを目指しましょう。


以上、映画でもありゲームでもある、新感覚インタラクティブ映画ゲーム『Death Come True(デスカムトゥルー)』は、ただいま配信中です。いま「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、下記リンクからすぐにソフトをダウンロード購入いただけます!

ニンテンドーSwitch

    ©IzanagiGames, Inc.

    edited by : 編集部 Gami
    • この記事をシェアする
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。