『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』が、Nintendo Switchで本日発売。

  • この記事をシェアする

本日12月3日『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』がいよいよ発売となりました。まずは、こちらのPVをご覧ください。

本作は、錬金術をテーマとしたRPG「アトリエ」シリーズの最新作です。シリーズ最大のヒット作となった『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』の続編として、シリーズ作品で初めて主人公が続投となりました。
舞台は前作から3年後。それぞれの道を歩んでいたライザと仲間たちが再会し、新たな出会いを通じてまた一つ成長する姿を描きます。キャラクターデザインは引き続きトリダモノ氏が担当し、キャラクターたちを繊細かつ魅力的に描きます。
また、本作から水中探索やロープアクションなどの新フィールドアクションが追加され、よりダイナミックな冒険が楽しめるようになりました。遺跡の謎を解く新システム「遺跡探究」に加え、前作で好評だった調合やバトルもさらに進化しています。

『ライザのアトリエ2』のポイントをご紹介

舞台は島から王都へ、成長した少年少女たちの新しい物語

舞台は島から王都へ。錬金術の修行に行き詰まりを感じていたライザは、王都に住む友人からの手紙とある依頼をきっかけに、王都へと向かいます。王都に拠点を構えたライザは、錬金術に役立つ知識を得るため、数々の「遺跡」に踏み込むことに。
伝承を紐解き、すべての謎が明らかになったとき、ライザは世界の真実を知り、ある”決断”を迫られることとなります。

「謎の小動物」フィーとライザの「絆」

フィーと一緒に暮らし始めたライザ。だんだんと、フィーが何を言っているのか、なんとなくわかるようになっていきます。そして、フィーの成長に伴い、なぜか不思議な力が身についていることにも気が付きます。フィーと遺跡の関係とは、一体……?

遺跡をはじめとするフィールドやダンジョンを隅々まで探求できる新アクション

遺跡をはじめとするフィールドやダンジョンには、普通の方法ではたどり着けない場所も。
本作では、潜水やロープを使った移動、さらには魔物に乗るなどといった、様々なフィールドアクションが登場します。進化したアクションで、フィールドを隈なく探索しましょう。

調合とバトルのシステムが進化

前作同様、採取した素材を組み合わせて「調合」すれば、いろいろなアイテムが作成できます。そこに新登場の「エッセンス」を投入すれば、属性が変化するなどさまざまな効果が。
さらに、完成したアイテム同士をかけ合わせる「エボルブリンク」で、より強力なアイテムを調合することも可能です。調合を駆使して冒険に役立てましょう。

また、爽快かつ仲間との共闘感が味わえる「リアルタイムタクティクスバトル」が、前作からさらに進化しました。バトルメンバーは4人(メイン3人+サブ1人)に増えたほか、連続してスキルを使用する「スキルチェーン」や、最大4つのアイテムを連続使用することも可能に。戦況に応じた戦い方で、強敵に立ち向かいましょう。

『ライザのアトリエ2』を彩る魅力的なキャラクターたち

本作では、前作でおなじみのキャラクターたちが成長した姿で登場します。さらに、王都で出会う新たな仲間たちにも注目です。

新たな冒険を求める錬金術士
ライザリン・シュタウト(ライザ)
CV:のぐち ゆり

明るさと勢いが取り柄の、平凡な女の子。3年前の大冒険の後、ひとりクーケン島に残った。
今では島の子供たちの教師のような存在でもあり以前のような破天荒ぶりは鳴りをひそめているようだが……?
錬金術は独学で学び続けているものの、最近は行き詰まり気味。

謎の小動物
フィー
CV:和多田 美咲

新たな冒険のさなか、ライザが出会う謎の小動物。言葉は話さないが、リアクションが豊富で感情豊か。ライザに懐き、行動を共にする。

冒険に焦がれるお嬢様
クラウディア・バレンツ
CV:大和田 仁美

商家の一人娘。
王都での仕事を任されるほどに成長し、忙しい日々を送っている。ライザたちと過ごした3年前の冒険はかけがえのない思い出であり、もう一度あの心躍る日々を過ごしたいという想いが今でも心の片隅に残っている。

急成長中の学者見習い
タオ・モンガルテン
CV:寺島 惇太

ライザの幼なじみ。ボオスと共に王都へ留学し、学者になるべく日々勉学に励んでいる。
この3年でかなり背が伸び、いじめられっ子の面影はない。一人読書を好むようなところは変わっていないが、王都には見るべきものや刺激も多いため島にいた頃よりは外に出ている時間も多くなった。

剣の腕を求める流浪の戦士
レント・マルスリンク
CV:寺島 拓篤 

ライザ、タオ、ボオスの幼なじみ。
3年前、クーケン島からひとり武者修行の旅に出た。旅のさなかに何があったのか、以前の快活さは影をひそめ、荒んだ様子を見せる。
王都に立ち寄った際、偶然再会したライザたちにまた一緒に冒険しようと誘われるが……。

望むものだけが手に入らない少女
パトリツィア・アーベルハイム
CV:大空 直美

王都の資産家の娘。愛称はパティ。
家庭教師をしているタオの教え子で、彼とは親しい間柄。
恵まれた環境で何不自由なく育った少女だが、内心では自身の境遇に複雑な想いを抱いている。元騎士である父の手ほどきを受け、剣術の心得がある。

緑の再生を願うオーレン族
セリ・グロース
CV:藤井 ゆきよ

かつてのライザの仲間・リラと同じオーレン族の女性。
ある目的のため、様々な植物の種を集める旅をしており、遺跡を探索するライザたちに同行を申し入れる。穏やかな性格で誰に対しても公明正大だが、ライザにはなぜか少し引いた接し方をする。

財宝とロマンを追う男
クリフォード・ディズウェル
CV:竹本 英史

トレジャーハンターを名乗る青年。
実際には盗賊に片足を突っ込んでいるような人間で、叩けばほこりが出る身の上。様々なことを器用にこなし、芝居がかったキザな振る舞いが目立つが、根は真面目で真摯な一面も。

新要素満載、遊び込み要素もたくさん

「遺跡探究」でよりゲームを楽しもう

本作で重要な要素となる「遺跡」。ライザたちは伝承を紐解きながら、さまざまな遺跡を冒険することとなります。ゲームを進めると利用できるようになる「追憶の羅針盤」「探究手帖」を頼りに手がかりを集め、遺跡の謎を解きましょう。

「スキルツリー」でライザを自由に成長させよう

本作では、「スキルツリー」からレシピや調合に役立つスキルなどを習得していくことでライザが成長します。スキルツリー解放により得られる効果には、調合での品質上限開放など様々なものが。ライザをどんな錬金術士にするかはプレイヤー次第です。

王都での依頼ミッションやキャラクターシナリオなど、冒険をより楽しめる要素がたくさん

王都の学園区にあるカフェでは、街の人々からの様々な依頼を請けることができます。依頼報酬ではコール(お金)や素材のほか、ライザの成長に必要なSP(スキルポイント)も獲得することも。どんどん依頼をこなして、街の人々を助けましょう。さらに、街の人々に話しかけると特別な依頼が発生することも……?
また、本作では、クラウディアたちメインキャラクター6人にそれぞれのシナリオがあり、ライザと各キャラクターとの関係性や、それぞれが抱える悩みや葛藤なども深く描かれています。さらに、サブキャラクターにもイベントがあり、イベント数はなんと前作の1.5倍。遊び込み要素が盛りだくさんとなっています。

前作『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』のストーリーがわかる「プロローグムービー」が公開

前作『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』を振り返る「プロローグムービー」を公開しました。
プレイした方はぜひ思い出を呼び起こすために、プレイしていない方は彼らの絆を観て感じるために、ぜひ『ライザのアトリエ2』を遊ぶ前にご覧ください。

前作のネタバレが含まれますので、これからプレイされる方は観ないようご注意ください!
プロローグムービーはこちらからご覧いただけます。

豪華でお得な特典がいっぱい、 好みの特典を手に入れよう

本作では様々な購入特典が用意されているので、気になる特典がないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

※2021年1月5日更新
掲載した画像の一部に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。


いかがでしたでしょうか。本作に関するより詳しい情報は公式サイトでご確認いただけます。
また、「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、以下のリンクから直接ダウンロード版をご購入いただけます。ライザの新たな冒険を、ぜひお楽しみください。

ニンテンドーSwitch

    ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

    edited by : 編集部 Masu
    • この記事をシェアする
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る