解説!バトルおじさん ポケモンバトル講座第5回 ~ポケモンバトルには、大きな可能性がある~

  • この記事をシェアする

「ポケモンバトルには、大きな可能性がある」。

バトルおじさんが、ポケモンバトルをするたびに実感していることです。
ポケモンバトルに、いわゆる必勝法は存在しません。
熟考を重ねて仕込んだ戦術でも、相手の出かた次第で、あっさり負けてしまうことが、しばしばあります。
その逆もしかり。
ポケモンバトル入門者が、熟練者に挑戦して、圧勝することは実際には困難です。しかし、その可能性を100%捨てきれない奥深さが、ポケモンバトルには存在するのです。

こんにちは! “バトルおじさん”こと、元宮秀介です。この連載を読んでくださっている皆さんには、「ポケモン公式ガイドブック」シリーズの著者として、おなじみだと思います。

YouTubeやニンテンドーeショップで配信中のポケモンスペシャル番組『ピカ・チャン』と連動して、このコラムでは読むと得をするポケモンバトルのテクニックを紹介しています。今回は『ピカ・チャン』第10話「きれいなワナには、トゲがある!?」を受けて、連載の総まとめをしたい、と思います。

そうです、バトルおじさんの「ポケモンバトル講座」は、今回で最終回なのです。そのため、バトルおじさんが皆さんに知っておいてほしいことを、すべてお伝えします。バトルおじさんがビシッとしたスーツを着てネクタイをしめて、黒板の前に立っている様子を想像してください。瞳は真剣そのもので、メラメラ燃えています!

ちなみに、『ピカ・チャン』は、本日(9/21)に第11話を公開していますので、そちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

さて、本題です。
『ピカ・チャン』第10話「きれいなワナには、トゲがある!?」のテーマは、「ポケモンバトルでダメージを与えるいろいろな方法を知ること」でした。この「ポケモンバトル講座」の最終回にふわさしい、第1回第2回第3回第4回の復習ともいえる内容です。

つっきーやさんちゃんに頼まれて、バトルおにいさんは、あるテクニックを伝授しています。それは「決して攻撃力が高くないポケモンでも、強いポケモンに勝てる方法」です。ポケモンバトルには、わざやとくせいの他に、いろいろな手段で相手にダメージを与える方法があるのです。

『ピカ・チャン』第10話の中で、バトルおにいさんが披露した戦術をふり返ります。バトルおにいさんが早いテンポで攻撃をくり出したので、一つひとつをじっくり解説します。

バトルおにいさんは、マグカルゴをくり出します。相手は、カエンジシです。

バトルおにいさんのマグカルゴは、わざ「ステルスロック」を使います。ここでバトルおにいさんは、最初の罠を仕掛けました。「ステルスロック」は、交代で出てきた相手にダメージを与えるわざです。このダメージは、タイプの相性の影響を受けます。

相手は、みずタイプのわざを使い、ほのお・いわタイプのマグカルゴに大ダメージを与えようとしたのでしょう。ほのお・ノーマルタイプのカエンジシを、みず・ひこうタイプのギャラドスに交代させます。

相手のギャラドスが出てきた直後に、わざ「ステルスロック」の効果が働き、ギャラドスのHPを減らします。さっそく罠に引っかかりましたね!

続いて、マグカルゴはわざ「すなあらし」で、天気を「すなあらし」状態にします。天気が「すなあらし」状態になると、じめんタイプ、いわタイプ、はがねタイプ以外のポケモンは、毎ターン終了時に最大HPの16分の1のダメージを受けます。ギャラドスは、みず・ひこうタイプなので、毎ターン終了時にHPが減ります。これが二番目の罠です。

相手のギャラドスは、わざ「たきのぼり」を放ってきます。みずタイプで、威力80のわざなので、マグカルゴは大ダメージを受けてしまいます。残りHPも赤になりました。ピンチです!

そして、ここからバトルおにいさんの三番目の罠が発動します。
マグカルゴは、どうぐ「ゴツゴツメット」を持っています。直接攻撃をしてきた相手の最大HPの6分の1のダメージを与えるどうぐです。ギャラドスのわざ「たきのぼり」は直接攻撃ですから、「ゴツゴツメット」の効果で、ギャラドスにダメージを与えます! そして、マグカルゴのとくせい「ほのおのからだ」の効果も発揮されます。とくせい「ほのおのからだ」は、直接攻撃を受けると、30%の確率で相手を「やけど」状態にする効果があります。ギャラドスは、「やけど」状態になりました! 

ギャラドスからすれば、わざ「たきのぼり」でマグカルゴに大ダメージを与えるつもりだったのに、踏んだり蹴ったりですね。気がつけば、ギャラドスのHPも赤くなっています!

最後にバトルおにいさんのマグカルゴは、わざ「げんしのちから」を使います。いわタイプのわざなので、みず・ひこうタイプのギャラドスに相性が良く、通常の2倍のダメージを与えました! そして天気「すなあらし」状態と「やけど」状態の効果が働き、ギャラドスは一気に「ひんし」状態になります!

恐るべき罠と言えます。少々長くなりましたが、バトルおにいさんが「いろいろな方法でダメージを与えたこと」をお分かりいただけた、と思います。

それでは、ここからバトルおじさんの講座が始まります。
バトルおじさんも、「いろいろな手段でダメージを与える方法」を2つ紹介します。

オーソドックスなテクニックなのですが、実際に試したことはありますか? どちらもポケモンバトルの面白さを実感できるので、ぜひ試してみてくださいね。

1つ目のコンボは、ゲンガーなどが使う、わざ「くろいまなざし」+わざ「のろい」のコンボです。

くろいまなざし」は、トレーナー戦で相手を交代できなくさせるわざです。わざ「のろい」は、ゴーストタイプのポケモンが使うと、自分のHPを半分に減らす代わりに、ターンごとに、相手のHPを最大HPの4分の1ずつ減らします。相手はわざ「くろいまなざし」の効果で交代することができないので、ゆっくりと、そして確実に「ひんし」状態へと近づいていきます。

わざ「のろい」の効果で、こちらのゴーストタイプのポケモンのHPも半分になるので、対策が必要です。ゲンガーにHPを全回復させるわざ「ねむる」をおぼえさせ、「ねむり」状態を治すきのみ「カゴのみ」を持たせておくと、バッチリです。コンボの成功率は格段に上がります。これも、攻撃わざを使わずに、相手を「ひんし」状態にできるコンボです。

ゲンガーは、『ポケットモンスター X・Y』でも『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』でも、通信交換やGTSでゴーストを受け取ると、進化して、入手できます。

2つ目は、『ピカ・チャン』第9話で注目を集めたどうぐ「ゴツゴツメット」を使ったコンボを紹介しましょう。サメハダーなどが使う、どうぐ「ゴツゴツメット」+とくせい「さめはだ」のコンボです。

どうぐ「ゴツゴツメット」は、ポケモンに持たせると、直接攻撃をしてきた相手に、最大HPの6分の1のダメージを与える効果があります。

とくせい「さめはだ」は、直接攻撃をしてきた相手に、最大HPの8分の1のダメージを与えます。大まかに計算すると、ターン終了時に、相手は最大HPの約3分の1を減らすことになります。これは強力です! ちなみに、どうぐ「ゴツゴツメット」+とくせい「てつのトゲ」も、同様の効果を発揮するコンボです。一緒におぼえておくといいでしょう。

サメハダーは、『ポケットモンスター X・Y』では、22番道路で「すごいつりざお」を使うと、つかまえられます。『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』では、119番道路で「すごいつりざお」を使うと、つかまえられます。

ゴツゴツメットは、『ポケットモンスターX・Y』では、コウジンタウンのゲートの女性からもらえます。『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』では、119番道路のてんきけんきゅうじょの研究員からもらえます。

どうでしょう? ポケモンバトルといえば、とにかく「攻撃わざが重要」と思いがちですが、これらのコンボを使って、その思い込みを打ち消すことができれば、あなたのポケモンバトルの腕前は大きく上昇します!

最後にバトルおにいさんにならって、バトルおじさんも複数の要素を組み合わせたコンボを披露します。

パルシェンを活躍させるコンボです。

パルシェンのわざ「あられ」で、天気を「あられ」状態にします。天気が「あられ」状態になると、こおりタイプ以外のポケモンの場合、毎ターン終了時に、最大HPの16分の1のダメージを受けます。

パルシェンはみず・こおりタイプなので、「あられ」状態によるダメージは受けません。

その上で、わざ「うずしお」を使います。わざ「うずしお」は、相手を4〜5ターンの間、逃げられなくする効果があり、毎ターン終了時に相手に最大HPの8分の1のダメージを与えます。

パルシェンにどうぐ「しめつけバンド」を持たせておけば、わざ「うずしお」で相手に毎ターン与えるダメージを、最大HPの6分の1に増やせます。さらにわざ「どくどく」を使い、相手を「もうどく」状態にします。「もうどく」状態は、ターンが進むごとにダメージが増えていきます。

ここまでが攻撃わざを使わずに、相手のHPを減らすコンボです。十分に強力なコンボと言えますが、相手にぐうの音も言わさぬように、攻撃わざを使います。

パルシェンのとくせい「スキルリンク」は、1ターンに2〜5回連続して攻撃するわざが、必ず5回になります。わざ「つららばり」を使えば、1ターンに必ず5回放てます。威力25の攻撃が5回当たるので、相手に与えるダメージは威力125に相当します。

天気「あられ」状態+特殊わざ「うずしお」+変化わざ「どくどく」+とくせい「スキルリンク」+物理わざ「つららばり」を組み合わせた作戦です。

わざ「つららばり」と「うずしお」は、進化前のシェルダーしか覚えられません。シェルダーをLv.40まで育て、「つららばり」と「うずしお」を覚えさせます。そうして、どうぐ「みずのいし」を使って、パルシェンに進化させましょう。

シェルダーは、『ポケットモンスター Y』で手に入ります。8番道路で「いいつりざお」を使うと、つかまえられます。『ポケットモンスター X』や『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』には出現しませんので、通信交換やGTSを利用して手に入れてください。

しめつけバンドは、『ポケットモンスター X・Y』では、キナンシティのバトルハウスで48BPと交換すると手に入ります。『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』では、バトルリゾートのバトルハウスで48BPと交換するとで手に入ります。


慣れないスーツとネクタイがバトルおじさんの体を締め付けてきました。しかし、最終回なのでビシっとした格好のままで、読者の皆さんにメッセージを贈りたいと思います。

冒頭でバトルおじさんは「ポケモンバトルには、大きな可能性がある」と言いました。これを「ポケモンバトルには、無限の可能性がある」と言い換えたいです。

……気がつけば第1回でバトルおにいさんの言葉として紹介していました。バトルおにいさんも、バトルおじさんも、言いたいことは1つだったのですね。面白いものです。

11月18日(金)には、シリーズ最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売されます。きっと新しいポケモン、新しいわざや新しいとくせいが見つかり、新時代の戦術やコンボが見つかることでしょう。つまり、『ポケットモンスター』シリーズが発売されるたびに、新たなポケモンバトルが始まるのです。

皆さん、ポケモンバトルに挑戦する良いチャンスだと思いませんか? お手元にある『ポケットモンスター X・Y』や『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』でポケモンバトルの腕を磨きながら、『ポケットモンスター サン・ムーン』での新たなバトルを楽しんではいかがでしょうか。そう思うと、『ポケットモンスター サン・ムーン』の発売がさらに待ち遠しくなるはずです。

今まさに、バトルおじさんが執筆中の『ポケットモンスター サン・ムーン』の公式ガイドブックも12月に発売されますので、参考にしてもらえたらうれしいです!

それでは、5回に渡り、ご愛読ありがとうございました! バトルおじさんの「ポケモンバトル講座」は今回で終わりますが、『ピカ・チャン』はまだまだ続きます! YouTubeやニンテンドーeショップでお楽しみください!

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

edited by : 元宮秀介(ワンナップ)
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。