「ペルソナ」シリーズ最新作、『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』が Nintendo Switch で本日発売!

  • この記事をシェアする

全世界累計セールス320万本を突破し、数多くのゲームアワードを受賞したピカレスク・ジュブナイルRPG『ペルソナ5』のその後が描かれるシリーズ最新作『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 』。本日、ファン待望のアクションRPGとなって Nintendo Switchで発売されました!

『ペルソナ5』のエンディングから約半年後、夏休みを利用して再び 集った「心の怪盗団」が、新たな事件に巻き込まれていく本作。
改心事件が日本各地で発生? 歪んだ大人の認知世界、パレスが復活? 怪盗団は再び怪盗服を身にまとい、異世界の謎へ挑むことに。果たして怪盗団がたどり着く真実とは……?
「アトラス ペルソナチーム × コーエーテクモゲームス ω-Force」の新たな最強タッグで制作される、日本各地を舞台にしたド派手で爽快なスタイリッシュアクションRPGがついに登場です。

今回のトピックスでは、「心の怪盗団」メンバーのおさらい、ならびに本作の戦闘システムや序盤のステージに関することなど、実際のプレイに役立つ情報をご紹介していきます!

「心の怪盗団」メンバー

・CHARACTER:主人公(CV:福山潤)

本作の主人公。高校三年生。東京で起こった精神暴走事件に巻き込まれ、ペルソナ能力を覚醒する。仲間たちと「心の怪盗団」を結成し、腐った大人たちの歪んだ心を改心させ、陰謀の渦巻く大事件を解決へと導いた。事件解決後は地元に戻っていたが、夏休みを利用して東京・四軒茶屋を再び訪れる。

<BATTLEでは…>
コードネームはジョーカー。ダガーを駆使して戦う。
機動力や攻撃力が高く、怪盗団の中で唯一ペルソナを自由に付け替えることができ、幅広いスキル攻撃で敵の弱点を突くことができるオールラウンダー。通常攻撃も、組み合わせ次第で多彩な属性攻撃が可能。初期ペルソナはアルセーヌ。呪怨系のスキルが得意。


・CHARACTER:坂本竜司(CV:宮野真守)

かつて、体育教師の悪意によって挫折へと追いやられ、札付きの問題児とされていた少年。主人公と共に異世界へと迷い込み、ペルソナ能力に覚醒する。自身の境遇を重ねた主人公と友人となり、「心の怪盗団」を結成して、歪んだ欲望を持つ大人たちと闘った。
事件解決後は日常生活に戻るも、相変わらず勉強は苦手で、赤点を取る事も多い。ケンカ っ早いのが玉に瑕だが、情に厚く、仲間や虐げられた者のためなら、どんな相手にも正面から立ち向かえる正義感と勇気の持ち主 。

<BATTLEでは…>
コードネームはスカル。鈍器を振り回して戦う。攻撃力と防御力が高いパワーファイター。攻撃を溜めることができ、溜めるほどに威力や範囲を拡大できる。銃攻撃の「ショットガン」も溜めによって威力が上がる。専用ペルソナはキャプテンキッド。電撃系のスキルが得意。


・CHARACTER:モルガナ(CV:大谷育江)

異世界で閉じ込められていたところを主人公に助けられ、それ以降行動を共にする、人語を話す黒ネコ(?)。自身が何者であるかの記憶を失っていたが、事件を解決する中でその記憶を取り戻し、解決後も主人公と共に暮らしている。
現実世界での見た目は猫そのもので、人語を話すものの、周囲には猫の鳴き声にしか聞こえない。異世界の知識が豊富で、怪盗団の先導役だが 、マスコット的存在でもある。

<BATTLEでは…>
コードネームはモナ。剣を駆使して戦う。身軽で素早く動き、地上と空中を行き来しながら、多彩な攻撃を繰り出す。「モルガナカー」に変身し、体当たりで敵を攻撃することも。銃攻撃の「パチンコ」は複数の敵をロックオンできる。専用ペルソナはゾロ。疾風系のスキルが得意。


・CHARACTER:高巻杏(CV:水樹奈々)

現在は高校三年生、アメリカ系クォーターで抜群のルックスの持ち主。学業の他、モデルのアルバイトなどもして生活をしている。その日本人離れした容姿により周囲から偏見を持たれる事も多く、かつては孤立しがちで、唯一の理解者であった親友を守るため、自身を犠牲にしていた。
しかし主人公たちと行動を共にする中で、悪しき大人たちへの反逆を決意。認知世界でペルソナ能力を覚醒させ、心の怪盗団の一人となる。弱った人を放っておけない優しさと、悪には臆さず立ち向かう強い意思を持ち合わせている。帰国子女で英語は得意だが、それ以外の成績は竜司と良い勝負。

<BATTLEでは…>
コードネームはパンサー。ムチを操って戦う。広い範囲の敵を薙ぎ払って攻撃する。さらにムチに炎をまとわせ、火炎属性を付与することもでき、次々と敵を炎上状態にする立ち回りができる。銃攻撃の「マシンガン」は弾数が多く、連射が可能。専用ペルソナはカルメン。火炎系のスキルが得意。


・CHARACTER:喜多川祐介(CV:杉田智和)

洸星高校の美術コースに通う、芸術家志望の高校三年生。描く絵画は高い評価を得ている。かつてはその力を自身の師に利用されていたが、主人公たちと出会い、異世界でその正体を知って決別を決意。ペルソナの能力に覚醒して以降は、主人公たち心の怪盗団の一員となる。
人目を引く整った容姿の持ち主ではあるが、芸術に傾倒するあまり、浮世離れした発言も多く、しばしば周囲を困惑させる。また貯金は全て画材に投じてしまうため、自然と貧乏暮らしが常となっている 。

<BATTLEでは…>
コードネームはフォックス。刀を駆使して戦う。攻撃力が高く、素早い刀さばきでの連撃を得意とする。刀をおさめて反撃を繰り出す「カウンター」も持っており 、チャンスを見極めて一気にダメージを与える戦い方ができる。
銃攻撃の「ライフル」は敵を狙い撃ちしやすい。専用ペルソナはゴエモン。氷結系のスキルが得意。


・CHARACTER:新島真(CV:佐藤利奈)

警察官僚を目指して法律を学ぶ大学生。厳格な姉の影響もあり、優等生であろうとする気持ちに縛られ、大人たちに利用されていたが、主人公たちと出会い、自身の殻を打ち破ってペルソナ能力を獲得、心の怪盗団の一員となる。
かつては秀尽学園で生徒会長を務めており、厳格で真面目な性格は多少和らいだものの、怪盗団のお姉さん的存在である事は変わらない。拳で敵を打ち倒す武闘派でもあり、彼女の「鉄拳制裁」は竜司も恐れるところ。

<BATTLEでは…>
コードネームはクイーン。拳具を使って戦う。次々と打撃を繰り出しながら、時にバイク型のペルソナを召喚して乗り回すなど、多彩な攻撃が特徴。各攻撃に核熱属性を付与し、攻撃範囲を拡大する「バースト」も持つ。
銃攻撃の「リボルバー」は速射性に優れる。専用ペルソナはヨハンナ。核熱系のスキルが得意。


・CHARACTER:奥村春(CV:戸松遥)

大手外食企業、オクムラフーズの社長令嬢で、かつては父の命令で政略結婚を強いられるなど、自分を押し殺して生活していたが、主人公たちと行動を共にする中で、ペルソナ能力を獲得し、己の意思を貫き、父の呪縛を跳ね除ける勇気を持つに至る。その渦中で父を亡くす結果となるが、悲しみを乗り越え戦い抜いた。
現在では大学で学びながら、オクムラフーズの経営に関わっている。おっとりとした優しい性格で正義感が強いが、少々世間知らずでややとぼけた面もあり、自ら「美少女怪盗」を名乗っていたこともある。

<BATTLEでは…>
コードネームはノワール。斧を振り回して戦う。通常攻撃から派生する、全ての特殊攻撃が持続可能。強力な攻撃を繰り出し続けることで、瞬く間に周囲の敵をせん滅することができる。銃攻撃の「ランチャー」は威力と範囲に優れる。専用ペルソナはミラディ。念動系のスキルが得意。


・CHARACTER:佐倉双葉(CV:悠木碧

かつて、世間を騒がせた天才ハッカー少女。身勝手な大人たちによって、母の死を自分のせいだと思い込まされたことが引き金となり、引き篭もりの生活を送っていた。
その経緯から、対人コミュニケーションが苦手で、人前に出ることを恐れていたが主人公たちとの出会いを通じて、真実の記憶を取り戻し、ペルソナの能力に覚醒。怪盗団では、仲間を後方から支援する、ナビゲーション役として活躍した。事件解決後は、多少人にも慣れ、学校にも通えているらしい。

<BATTLEでは…>
コードネームはナビ。自ら戦うことはないが、フィールドや敵の情報を解析して、怪盗団をナビゲートする。味方を強化したり、HPやSPを回復したりと様々な支援を行い、時には、障害を排除するためにフィールドに立ってハッキングを行うこともある。専用ペルソナはネクロノミコン。サポート系スキルを習得する。

BATTLEのヒント

「バトンタッチ」でキャラクターを切り替え!

異世界「ジェイル」の中では主人公(ジョーカー)だけではなく、ナビ以外の怪盗団メンバーをボタンひとつで切り替えて直接操作可能です。戦闘中以外であれば控えのメンバーとの入れ替えも自由にできるので、パーティーメンバーのSPが減ったときなど積極的に活用しましょう。

おなじみの「ペルソナ5」バトルで爽快なアクション!

ペルソナのスキルで敵の弱点を突いて「1MORE」。ダウンを取って「総攻撃」でトドメを刺すおなじみのバトルシステムが本作でも健在です。

スキルを選択したりアイテムを使うときは敵の動きが止まっているのでRPGのように落ち着いて戦えます。さらにゲージを溜めて使用することができるド派手な演出が魅力の「SHOW TIME」は超強力。華麗なアクションで周りの敵を一掃しましょう。

「ベルベットルーム」でペルソナを合体・強化しよう

ペルソナを入手する方法には2通りあり、1つは戦闘中に敵を倒すと稀に落とす仮面を拾うことで、その敵をペルソナとして召喚できるようになります。もう1つは、自分の持っているペルソナ同士を合体させ、新たなペルソナを手に入れられます。

その際に訪れるのが、精神と物質の狭間の場所「ベルベットルーム」

ベルベットルームでは、複数のペルソナを合体させ、新たな1体を生み出すことができます。2体のペルソナを合体させる「2身合体」の他に、ストーリーを進めると3体以上の合体もできるようになります。合体前のペルソナが持っているスキルを継承できる他、ボーナスも付くため、より強力で自分の好みに合ったペルソナを作ることができます。

ラヴェンツァ(CV:豊崎愛生)

ステージ紹介

本作では、「心の怪盗団」はキャンピングカーで日本各地を訪れながら事件を解決していくことになります。ここでは序盤に訪れることになる「渋谷」と「仙台」の街と、それぞれの街の異世界「ジェイル」をご紹介します。

渋谷

ファッションやサブカルチャーに強い、若者が集まる街、渋谷。
ファッションビルの「渋谷705」では、現在ファッションや歌で大ブレイク中の柊アリスのイベントが開催されることも。

柊アリス(CV:佐倉綾音)

<異世界「ジェイル」では…>
主人公たちが迷い込んだ異世界と化した渋谷。中心には城のように変貌した「渋谷705」がそびえ立ち、そこへ近づくほど、街の変貌は顕著になって行く。可愛らしくも不気味な異世界渋谷の佇まいだ。
侵入者を阻む罠や仕掛けが随所に存在し、シャドウたちの警備も厳重。時には潜み、時には大胆に、シャドウを倒しつつ、 罠をかいくぐり、仕掛けを破り、異世界渋谷の中心、王城となった「渋谷705」を目指そう。

仙台

宮城県の県庁所在地、仙台市。美しい街路樹に囲まれ、「杜の都」とも称される。戦国武将伊達政宗が治めた土地として知られ、七夕祭りなどの風物詩や、牛タンやずんだなど特徴的な食文化も有名。
昨今、ラノベ作家「夏芽安吾」が活躍中で、デビュー作 『プリンスオブナイトメア』が爆発的なヒットを飛ばしている。仙台市で行われるサイン会でも熱心なファンが大勢押しかけ盛り上がっている。

夏芽安吾(CV:岸尾だいすけ)

<異世界「ジェイル」では…>
仙台ジェイルは、中世を思わせる古城や建物が立ち並ぶ、まるで小説に出てくるかのような剣と魔法の世界となっている。
ゆくてを阻む仕掛けも、謎の文章を頼りにアイテムを探したり、四天王を名乗るシャドウに妨害されたりと、まさにゲームや小説の内容そのもの。警備するシャドウ達は、渋谷ジェイルより強敵ばかりで決して油断はできないジェイルだ。


以上、「心の怪盗団」メンバーや、本作の戦闘システム、序盤のステージなどをご紹介しました。体験版も配信されていますので、本作が少しでも気になった方は、ぜひダウンロードして遊んでみてください。Nintendo Switch版なら、いつでもどこでも、場所を選ばず「ペルソナ」最新作をお楽しみいただけます!

なお、最後になりますが、実は本作には『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』との連動要素が存在します

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のプレイ履歴があるNintendo Switchで、製品版の『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』を起動すると、バトルBGMセット「ペルソナ5・サウンドセット」を入手可能!
『ペルソナ5』のバトル曲「Last Surprise」と『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の先制時バトル曲「Take Over」を、通常戦闘楽曲として使用できるようになります。本作と『スマブラSP』の両方を楽しまれている方は、ぜひ入手して聴いてみください。

いま「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、下記リンクからすぐにソフトをダウンロード購入いただけます!

ニンテンドーSwitch

    ©ATLUS ©SEGA/ ©KOEI TECMO GAMES