地球防衛軍シリーズの最新作がNintendo Switchに。『ま~るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS』本日発売。

  • この記事をシェアする

宇宙からやってくる大量の侵略生物や巨大怪獣などと戦う「地球防衛軍(略してEDF)」シリーズが装いも新たにNintendo Switchに登場です!

EDFシリーズ最新作『ま~るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS』が、D3パブリッシャーさんより、本日発売されました。

2003年に第一作目が発売され、今年でシリーズ誕生から17年目を迎えたEDF。これまでフォトリアルな世界で表現されていた本シリーズでしたが、ご覧のように今作は大胆なボクセル(立方体)世界になってNintendo Switchに新登場しました。ゲーム内容も、これまでのシリーズで活躍したキャラクターや敵が一堂に集まるEDFの集大成ともいえる内容に

それでは、シリーズ最新作となる本作の新たな舞台や、遊びどころとなるポイントをご紹介します。

今回の舞台は四角い地球!?

今回、地球防衛軍が守るのはなんと四角い地球です。敵や味方、地形など全てがデジタル&ボクセルでできた世界を舞台にEDFの一員となって戦います。襲い来る無数のアリやクモなどの敵を撃退し、侵略者ダークレジオンによってバラバラにされてしまった四角い地球を、元の地球の姿に戻すことができるのでしょうか?

ちなみに地球を守るのが目的の本作ですが、フィールド上の建物などが敵との戦闘で派手に壊れます。地球を守るためにこの四角い世界においては多少(!?)の損害はやむを得ないでしょう。ひるまず立ち向かいましょう。

チームを組んで、巨大な敵に立ち向かえ!

本作には、これまでのEDFシリーズに登場したレジェンド隊員や各国ごとの特徴的な姿をしたご当地隊員“ブラザー”など、100人以上のキャラクターがいます。これらの隊員をゲーム中で救出すればどんどん仲間になり、仲間になった隊員の中から4人を自由に選んで1つのチームを作りさらなるミッションへ挑みます。

地上での戦いが得意、飛行ができる、爆撃など特殊な攻撃を持っているなど、キャラクターの特徴は十人十色でさまざまです。ミッションに応じた組み合わせを考え、ゲーム中はチームのキャラクターを状況に応じて切り替えながら戦っていくのがポイントです

陸戦兵

ペイルウイング

エアレイダー

ファラオシスター

ニンジャブラザー

巨大な乗り物(ビークル)も登場!

次第に激しさを増していく戦いの中で巨大怪獣も登場します。この脅威に対抗するためにEDFにもいろいろな乗り物(ビークル)が用意されています。戦車をはじめ人型ロボまでミッションに配置されているものは全てが乗り放題です。これらを使えば敵と互角に戦うことができます。

協力プレイで力を合わせて戦おう!

また本作は、Switch本体とソフトを持ち寄れば最大4人までのローカル通信が可能です。なので、ひとりでは困難なミッションも協力すればクリアできるかもしれません。さらに、オンラインの協力プレイにも対応しているので、全国の仲間たちと一緒に地球を守ることもできます。

以上、本作の舞台となる四角い地球や遊びどころとなるポイントをざっくりとご紹介しましたが、いかがでしたか? これらを参考にぜひみなさんも地球防衛軍の一員となって戦ってみてください。

いま「ニンテンドーアカウント」でログインしていれば、下記リンクからすぐにソフトをダウンロード購入いただけます

ニンテンドーSwitch

    ©2003-2020 D3 PUBLISHER
    ©2003-2017 SANDLOT
    ©2019-2020 YUKE’S
    ※本ソフトには、「Nintendo Switch Online」(有料)への加入が必要なモードや機能があります。

    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る