シリーズ完全新作『モンスターハンターライズ』『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』が、Nintendo Switchで登場。

  • この記事をシェアする

本日放送された「モンスターハンター ダイレクト 2020.9.17」にて、シリーズ最新作となる『モンスターハンターライズ』『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』の2タイトルが、Nintendo Switch向けに発売されることが発表されました
以下からご覧いただけますので、お時間のある方は是非ご確認ください。

この記事では、発表された内容を詳しくご紹介します。

『モンスターハンターライズ』2021年3月26日(金)発売予定

狩猟に新風を巻き起こす、縦横無尽に躍動するアクション
思いのままに翔けあがれる、新たなハンティングフィールド
そして、未知の興奮や驚きをもたらす、全く新しいモンスターたち
災禍「百竜夜行」に挑む「カムラの里」を舞台に、かつてない狩猟体験が、ハンターたちを待ち受けます。

それは、50年ぶりの災禍に挑む、炎の里の物語――

新たな狩猟生活の拠点となるのは、「カムラの里」
この里は、50年ぶりの災禍「百竜夜行」が間近に迫り、窮地に立たされています。
主人公は、ハンターとしての頂点を目指しつつ、里の仲間たちと一致団結して、この災禍に打ち克たなければなりません。

「カムラの里」は、たたら製鉄が盛んな、山紫水明の里。
武器や防具の加工屋をはじめ、ハンターにとってなくてはならない施設が充実し、ハンターを支えてくれる個性豊かな住人たちが集っています。

思いのままに翔けあがる、新たなハンティングフィールド

本作では、狩り場となるフィールド内にエリアの境界がないため、クエスト出発後はロードを挟むことなく、途切れることのない狩猟に没頭することができます

さらに、“翔蟲(かけりむし)”“壁走り”をはじめとする数々の新アクションを駆使すれば、壁や岩などの障害物をものともせず、立体的なフィールドを、縦横無尽に動き回ることができるのです

“翔蟲”による縦横無尽な新アクション

指示した方向へと飛び、特殊な“鉄蟲糸(てっちゅうし)”でハンターを引き寄せてくれる“翔蟲”の登場で、ハンティングアクションはさらなる進化を遂げます
険しい崖での高速移動や、道なき道を進むのに使えるのはもちろんのこと、武器種ごとの特色豊かな攻撃と組み合わせれば、これまでになかった全く新しいアクションを行うことも可能です。

新フィールド:大社跡

本作の新フィールドとなる「大社跡(たいしゃあと)」。鎮護の祈りを捧げる大社があったこの場所も、今は朽ち果て、昼夜を問わずモンスターの咆哮が響き渡っています……。しかし、聖なる場所の面影は未だ色濃く、神秘的な雰囲気に包まれてます。

新たなモンスターが続々登場

本作では、これまで確認されていない、新たなモンスターたちが登場します。そんな独自の生態を持つ未知のモンスターたちの一部を、以下、ご紹介していきます。

怨虎竜 マガイマガド

『モンスターハンターライズ』を代表するモンスター・マガイマガド「怨虎竜(おんこりゅう)」の名が示すとおり、禍々しい雰囲気を纏っています。執念深く獲物を追い回し、獰猛に襲い掛かる、牙竜種のモンスターです。

傘鳥 アケノシルム

1本脚で立つ独特の姿が傘のように見えることから、別名「傘鳥(さんちょう)」と呼ばれている鳥竜です。縄張り意識が強く、踏み入るものがあれば、翼を大きく広げたり、目玉のように見える独特なトサカを展開したりして威嚇します。

鎌鼬竜 オサイズチ

鎌状に発達した尾で攻撃を仕掛けてくる、別名「鎌鼬竜(れんゆうりゅう)」と呼ばれている鳥竜です。オサイズチは、小型の「イズチ」を含めた群れを形成し、その中でも精鋭2頭を引き連れて縄張りを巡回しています。ひとたび獲物を見つければ、三位一体の巧みな連携攻撃を浴びせかけます。

河童蛙 ヨツミワドウ

でっぷりとした体が特徴の両生種のモンスター。食べることに貪欲で、動くものを見つけると砂利ごと平らげてしまいます。食事をすると腹部がふくれあがって動きが鈍くなりますが、その分攻撃に重みが増して破壊力が上がるので、要注意です。

この他にも、新モンスターやシリーズ作品でお馴染みのモンスターなどが続々と登場しますので、今後の情報に是非ご期待ください

ハンターを支えてくれるオトモたち

新たに「オトモガルク」が登場

紹介映像でフィールドを颯爽と駆け抜けていたのは、本作から新たに相棒となる「オトモガルク」。モンスターに対し、ハンターと連携した積極的な攻撃を仕掛けてくれる、攻撃タイプのオトモです。

オトモガルクは、その背にハンターを乗せ、広大なフィールドを素早く移動することができます。ガルクに乗っている間、ハンターはスタミナを消費せずに、フィールドを自由に駆け巡ることが可能。さらに、移動中でも、一部のアイテムの使用や回復などの行動が可能です。

オトモアイルーも大活躍

モンスターハンターシリーズおなじみのオトモアイルーも、もちろん登場。
サポートタイプのオトモとして、引き続き、ハンターの狩猟を支えてくれます。

オトモガルクとオトモアイルーは、シングルプレイでは、自由な組み合わせで合わせて2匹を狩りに連れて行くことができます。他のプレイヤーとの通信プレイでも、どちらか1匹を連れていくことが可能です。

『モンスターハンターライズ』のamiiboがソフトと同時発売予定

オトモガルク

マガイマガド

オトモアイルー

また、『モンスターハンターライズ』のamiiboも、ソフトと同日の2021年3月26日(金)に発売が予定されています。「オトモガルク」「マガイマガド」「オトモアイルー」の3種類で、『モンスターハンターライズ』のゲーム内で使用すると、それぞれのamiiboに応じた特別な重ね着装備を入手することができます。さらに、ゲーム内で様々なアイテムが入手できる福引きに、毎日チャレンジすることもできます。
※商品画像はイメージです。実際の商品とは若干異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

新たな舞台で縦横無尽に繰り広げられる、これまでになかった狩猟体験。果たして「百竜夜行」の正体とは。ハンターたちは、里に迫る災禍に打ち克つことができるのか――
Nintendo Switch向け『モンスターハンターライズ』は、2021年3月26日(金)に発売予定です。
また、ニンテンドーeショップにてダウンロード版の予約受付を開始しておりますので、是非ご確認ください。

ニンテンドーSwitch

    [2020.09.25追記]
    本日より、全国のゲーム取扱店や各オンラインショップにて予約受付が順次開始となりました。
    また、マイニンテンドーストアにおいても、パッケージ版や、狩友と協力プレイを楽しみたい方にお勧めな「狩友ダブルパック」、そしてamiibo(3種)の予約受付が開始していますので、興味のある方は是非ご確認ください。

    『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』、2021年夏に向けて鋭意開発中

    モンスターと絆を結び、共存する「モンスターライダー」となって、「モンスターハンター」の世界を思う存分体験できる。そんな「モンハンRPG」の続編が、現在、Nintendo Switch向けに開発中であることが発表されました。その名も、『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』

    本作は、すべてのリオレウスがどこかに去ってしまった世界が舞台。偉大なライダー「レド」の血を引く主人公と、タマゴを託された竜人族の少女が出会い、「破滅の翼」をめぐる壮大な物語が幕を開けます。

    「モンスターハンター」シリーズからおなじみのモンスターが多数登場し、いっしょに冒険しながら、モンスターとライダーの絆が織り成す「ストーリーズ」ならではの物語が楽しめる。『モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜』は、「モンスターハンター」のファンはもちろん、すべてのRPGファンに楽しんでいただけるよう2021年夏の発売を目指して鋭意開発中とのことです。また、『モンスターハンターライズ』との連動要素も用意されているようなので、是非続報をお待ちください。

    いかがでしたでしょうか。どちらのタイトルも、今後の情報が見逃せませんね。続報にご期待ください。

    『モンスターハンターライズ』『モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜』のいずれも、公式サイトが公開されております。ページ下部の関連リンクより、是非ご確認ください。

    ©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る