「Hello! インディー」 フニャフニャバトル勃発。『Gang Beasts』

  • この記事をシェアする

ギャングたちがバトルを繰り広げる『Gang Beasts』(ギャングビースト)が、本日配信されました。最もつよいギャングを決める戦いが今、はじまろうとしている……。

フニャフニャバトル勃発!

彼らが求めるものは勝利のみ。
ルールは簡単、最後の1人になるまでステージに残ったものが勝者となる。

戦いのゴングが鳴る!

パンチやキック、投げ技を駆使して勝利を目指す!

……なのですが、問題はこのギャングの操作感。コンニャクというか、つきたてのお餅というか、とにかく言葉にし難いほどにフニャフニャしてるんです。

パンチで気絶させたところを……

掴んで……

そんな彼らを思い通りに操作するのは至難の技。
そう、この『Gang Beasts』は、いかにこのフニャフニャのギャングを操って勝利するかが醍醐味。

投げ飛ばす。

そうは行くもんか! 華麗なる復活。

そんなギャングたちは、同じ展開が一つとないバトルを毎度、繰り広げることでしょう。

バトルの舞台は、氷上や列車の上、エレベーターなど、場所を選びません。

命がけの戦いにも程がある。

それでは、このゲームで遊べる4つのモードをご紹介します。

モード①メレー

まずは、基本のバトルモード「メレー」。最大8人で、最後の1人になるまで戦います。

無法地帯

モード②ギャング

2~4人のチームを組んで戦う「ギャング」。
落ちそうになった仲間を助けるつもりが、逆に、突き飛ばしてしまったりと、カオスな展開が待ち受ける?

ここからの生還は……インポッシブル。

モード③ウェイブ

次々に現れる敵を倒していく「ウェイブ」モード。
最大4人でプレイが可能。
見るからに巨大で強そうな敵も、力を合わせたら倒せる……はず?

倒せる……はず。

モード④フットボール

相手のゴールにボールを入れた回数を競う「フットボール」。
こちらは最大8人でプレイできます。
フットボールですが……ハンドやパンチもOK!

ボール、そっちのけになってますけど?

ローカルマルチも、オンライン対戦も

どういう状況?

ギャングたちのバトルはオンラインでも楽しめます。
世界中のギャングたちとフニャフニャバトルに挑んでみてください。

それではみなさん、よいインディーライフを!

※本ソフトには、インターネットに接続できる環境とNintendo Switch Onlineへの加入(有料)が必要なモードや機能があります。
©2017 Boneloaf Limited.

edited by : Indie World 担当
  • この記事をシェアする
ランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
すべての記事を見る
特に記載の無い場合、記事内の記載の価格はすべて税込です。また、パッケージ版のみの販売となるソフトは希望小売価格、それ以外のソフトはニンテンドーeショップでの販売価格となります。
セール価格については、セール期間中の価格になります。
ソフトの価格は変更になる場合があります。最新の購入価格はマイニンテンドーストア/ニンテンドーeショップでの価格を必ずご確認ください。
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
ランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
すべての記事を見る