『スーパーマリオメーカー 2』世界の投稿コース数が1,000万を突破! 第3回「ハックンタイムアタック」の詳細も公開。

  • この記事をシェアする

「スーパーマリオ」のコースを自由につくって遊べるNintendo Switch『スーパーマリオメーカー 2』。本日、1月7日(火)時点で、世界の投稿コース数が1,000万コースを突破しました!

『スーパーマリオメーカー 2』プロデューサーの手塚より、読者の皆様に向けて、御礼のメッセージがございます。ぜひ、ご覧ください。

いつも、たくさんの個性あふれるコースをありがとうございます!
みなさんのつくるコースに、開発チームはとても刺激を受けています。

この1,000万コース突破を記念して、
本日より、投稿できるコース数が「64」から「100」に増えました!

これからも面白いコースが生まれることを楽しみにしています。
今年も『スーパーマリオメーカー 2』は進化していくつもりです。
どうぞ、よろしくお願いします。

『スーパーマリオメーカー 2』
プロデューサー 手塚 卓志

今、この瞬間にも、世界中のプレイヤーが制作したオリジナルコースが続々と追加されておりますので、ぜひ、いろいろなコースを遊んでみてください。

すでに64コース投稿しているコース職人の皆さんも、この機会に新たに投稿してみてはいかがでしょうか。これから本作を遊ばれる方も、思う存分コースを作って投稿できますよ。

第3回「ハックンタイムアタック」の詳細を公開!

世界中のライバルとタイムアタックを競うモード「ハックンタイムアタック」。

その第3回目が、明日、1月8日(水)11時~1月15日(水)11時の期間で開催されます!

コースは「森の底の10コイン」。森の底に落ちている10コインをひろうことがゴールの条件です! まずは、一気に下りるルートを探してみてください。登りは、どこでカベキックを使うかがタイム短縮のカギになります。

縦コースでのタイムアタック、ぜひ挑戦してみてくださいね。

今後も『スーパーマリオメーカー2』を、引き続きお楽しみください!

※本ソフトには、「Nintendo Switch Online」(有料)への加入が必要なモードや機能があります。

©2019 Nintendo

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。