『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』無料アップデート配信中。Jリーグコラボがキックオフ。さらに「3年決戦」の1年目が遊べる体験版の配信や、ダウンロード版のセールも実施中。

  • この記事をシェアする

鉄道会社の社長になって、全国の物件を手に入れながら、総資産日本一を目指す『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』。7月28日(木)に配信された無料アップデートでは、Jリーグとのコラボレーションが実装されました。

今回のコラボでは「Jリーグに行こう!桃鉄で!」をテーマに、ゲーム内では特別ルールの「桃鉄GP」が開催されています。

また全58クラブのホームスタジアムでは、期間中、ゲーム内で使用可能なクラブオリジナル列車がもらえるキャンペーンが実施されています。

この夏は「Jリーグに行こう!桃鉄で!」

ランダムマッチで全国のプレイヤーとランキングを競う「桃鉄GP」がJリーグ仕様の特別ルールに変更され、Jリーグ全58クラブのホームタウンが目的地として登場します

さらに目的地に到着すると、ある確率でイベントが発生し、到着したプレイヤーは「Jボール」がもらえることがあります。

この「Jボール」を持ったまま目的地にゴールすると目的地到着金が大幅にアップします。通常の「Jボール」を持ってゴールすると到着金が4倍に、金の「Jボール」なら到着金がなんと10倍に!

「Jボール」は、貧乏神と同じようにすれ違うことで奪えますので、文字通り、ボールの行方が勝利のカギを握る!?といった戦いが繰り広げられます。

また、今回のコラボを記念してオリジナル列車「Jリーグキング号」も登場。最新バージョンへアップデートすることで全員にプレゼントされますのでお見逃しなく!

※コラボ期間は、次回シーズンアップデートまでとなります。

クラブオリジナル列車は全58種類! スタジアムに行くと、もっと『桃鉄』が楽しめる!

今回のコラボではゲーム内だけでなく、実際にスタジアムに足を運ぶことで、もっと『桃鉄』が楽しめるようになっています。

期間中※1、全58クラブのホームスタジアムに掲出されている「Jリーグ x 桃鉄 スペシャルポスター」を、今回のアップデートで追加された「NFCスキャナー※2」を使ってスキャンすると、ホームスタジアムのクラブオリジナル列車が獲得できます

※1 スペシャルポスターの掲出期間は、公式サイトをご確認ください。掲出期間はスタジアムごとに異なります。
※2 「NFCスキャナー」の利用には、『桃鉄』最新バージョンへのアップデートが必要です。

「3年決戦」の1年目が遊べる体験版の配信ならびに8/16(火)までダウンロード版のセールを実施中!

1億円と便利なカードを持った状態から、3年間の総資産額を競う「3年決戦」の1年目までを遊ぶことができる体験版を配信中です。

体験版では、自分のペースで遊べる「ひとりで桃鉄」、1台の本体で2名~4名での対戦が楽しめる「みんなで桃鉄」のどちらでも遊ぶことができます。

※対戦相手になるCOMの強さは「豆鬼」「餓鬼」のみになります。
※体験版では、オリジナルSLなどは入手できません。

また、マイニンテンドーストア、ニンテンドーeショップでは、本日8月1日(月) ~ 8月16日(火)23:59まで、ダウンロード版ソフトの30%OFFセールも実施中です。本作が気になっていたけどまだプレイできていないという方は、この機会にぜひ遊んでみてください。 


今回のアップデートも、「桃太郎電鉄」シリーズを遊んだことがある方も、初めての方も、さらにはJリーグが好きな方も楽しめること間違いなし。この夏は、おうちでもJリーグのスタジアムでも、『桃鉄』で日本全国を巡ってみてはいかがでしょうか?

いま「ニンテンドーアカウント」にログインしていれば、下記リンクからすぐに、ダウンロード版ソフトを購入したり、体験版をダウンロードしたりすることができます

ニンテンドーSwitch

    ※本ソフトには、インターネットに接続できる環境とNintendo Switch Onlineへの加入(有料)が必要なモードや機能があります。
    ©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment

    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る
    特に記載の無い場合、記事内の記載の価格はすべて税込です。また、パッケージ版のみの販売となるソフトは希望小売価格、それ以外のソフトはニンテンドーeショップでの販売価格となります。
    セール価格については、セール期間中の価格になります。
    製品の価格は変更になる場合があります。最新の購入価格はマイニンテンドーストア/ニンテンドーeショップでの価格を必ずご確認ください。
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
    ランキング
    • 24時間
    • 週間
    • 月間
    すべての記事を見る