「第2回スプラトゥーン甲子園」近畿大会レポート! 昨年の優勝者も参加した熱戦の勝者は!?

  • この記事をシェアする

全国8地区(+ジャンプフェスタ)で地区大会が行われる「第2回スプラトゥーン甲子園」もいよいよ折り返し
4地区目となる近畿大会が11月5日(土)に行われました。


近畿大会の会場となるのは、「イオンモールりんくう泉南」
大阪の中心部から少し離れた場所での開催となりましたが、そこは第1回甲子園で最大の盛り上がりを見せた近畿地区
朝から大勢の『スプラトゥーン』ファンの皆様にお集まりいただき、ご覧のような大盛況となりました!

近畿地区大会は、東海地区同様、「イカス号」と「イカス屋台」の2つでトーナメントを行い、2組の地区代表を選出します。

近畿地区大会の中継では、イカス号の休憩時間にイカス屋台のレポートが入ったり、11月3日にさいたまスーパーアリーナで行われた「ニコニコ超パーティー2016」でのシオカラーズのライブの模様を放映していたり、対戦以外にも視聴者のみなさんが楽しめるさまざまな試みを入れていたこともポイントです。
ちなみに、ニコニコ超パーティー2016でのシオカライブの模様は、今後の地区大会でも放映される予定だということです。

▲ニコニコ超パーティ2016でのシオカライブの模様

▲イカス屋台の中継の様子

今回もイカス屋台代表同士の決勝戦に!

総勢112チームが参加した近畿地区大会の決勝にコマを進めたのは、前回優勝チーム「ゆめいろBWI」のチームメンバーの一人を有し、全員がフェス100傑にも選ばれたことのあるガチのナワバリチーム「†しっこく†」と、
その名前とは裏腹に圧倒的な組織力でスプラスピナーコラボを得意とするチームを次々と打ち破ってここまで上がってきた「スピコラお手上げ侍」の2チーム。
決勝実施時のイカス号の前には、イカス号、イカス屋台2会場分のお客様が集結し、ご覧のような超満員となりました。

最後の最後までどちらが勝つかわからない、実力者同士の決勝戦をご覧ください!

今回も、各試合のブキ・ギアパワー構成をお届けします!
※それぞれの画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

近畿地区優勝は「スピコラお手上げ侍」!

“ガチVS.ガチ”の勝負となった決勝戦、結果は「スピコラお手上げ侍」の2連勝という形でしたが、ラスト10秒までどちらが勝つか本当にわからない拮抗した試合展開でした!
「スピコラお手上げ侍」のみなさん、おめでとうございます!

上でも記載しているとおり、今回は準優勝の「†しっこく†」のみなさんも近畿代表として本戦に参加していただきます!
「†しっこく†」のみなさん、本戦でのご活躍を期待しています!

近畿地区大会の参加チームおよびトーナメント表の結果はご覧のとおりです。
※画像をクリック(タップ)するとより大きな画像で見られます(別ウィンドウが開きます)。

現場で解説を行っていたイカ研究員からもコメントをもらっています。


イカ研究所の所在地でもある近畿での開催となった今回の地区大会は、関西人らしいキャラの濃いチームが多く、コメントやパフォーマンスで大いに会場を盛り上げていた。反面、手堅い試合展開で安定した強さを持ったチームが多く、内容の濃い試合の連続だった。

注目だったのは、「L3DリールガンD」「スクイックリンα」など、甲子園ではあまり見ないブキのみで編成したチーム。5回戦で敗れはしたが、ナワバリバトルの可能性を見せてくれた。
前回近畿地区大会準優勝の中学生チームも参戦し、惜しくも準決勝で敗退したが、昨年より体格も実力も一回り成長した姿を見せてくれた。

他にも紹介しだすとキリがないほど、並み居る強豪の中を勝ち進んだ2チームによる決勝戦は、大会屈指の名勝負となった。彼らが全国大会でどのような活躍を見せるのかが楽しみだ。
そして、残る地区大会でどんな強者が現れるか、今後の動向にも注目したい。


「第2回 スプラトゥーン甲子園」もいよいよ後半戦!
エントリー締め切りとなってしまった大会も多いですが、地区大会最大規模で行う「関東地区大会」や、本戦と同じく幕張メッセで行われる「ジャンプフェスタ選抜」など、まだまだ募集している地区大会もありますので、「自分も!」という方はぜひこちらからエントリーください!

©2015 Nintendo

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。