2016.9.12
ニンテンドー3DS  ドンキーコング リターンズ 3D

本格アクションシリーズがビギナーにも楽しめる『ドンキーコング リターンズ 3D』

  • この記事をシェアする

9月15日(木)より、現在発売中のニンテンドー3DSソフト5タイトルを、2,916円(税込)の新価格でお買い求めいただける「ハッピープライスセレクション」第二弾。

このトピックスでは、任天堂ゲーム専門誌『電撃Nintendo』の編集部にご協力いただき、発売されるそれぞれのゲームの内容を、シリーズでご紹介しています。

今回は、『ドンキーコング リターンズ 3D』です。

 

ニンテンドー3DS

ハッピープライスセレクション

こんにちは! 電撃Nintendo編集部のMac佐藤です。今回僕が紹介するのは『ドンキーコング リターンズ 3D』。2010年にWiiで発売された『ドンキーコング リターンズ』のリメイク版となる作品です。

 

横スクロールのアクションゲームで、ティキ族に奪われたバナナとドンキーコングアイランドの平和を取り戻すため、ドンキーコングとディディーコングが冒険を繰り広げます。3DS版では新たなアイテムやステージなど、さまざまな新要素が追加されました。

 

遊び心いっぱいの多彩なコースや仕掛けが楽しい!

 

ゲームの舞台となるドンキーコングアイランドは8つのエリアに分かれており、各エリアには8~10のコースが存在します。

こちらはドンキーコングアイランドの全体マップ。ジャングルエリアからスタートして、ビーチエリア、いせきエリア、どうくつエリア、フォレストエリア、クリフエリア、ファクトリーエリア、ボルケーノエリアと進んでいきます。

 

各エリアは海辺、山岳、工場、火山などをモチーフにしてコースが構成されています。仕掛けもそれに合わせた特徴的なものが盛りだくさんで、見た目にも楽しいものばかり!

 

それでは、個人的にお気に入りの仕掛けやコースをご紹介していきましょう。

コース上のタル大砲の仕掛けに入ると、特定の方向に発射され空中を高速で移動できます。足場がない場所を次から次へタル大砲で移動していく場面もあり、スピード感があってとても気持ちいいです。

コースによっては、画面の奥へ進めることもあります。背景だと思っていたらコースだった! というような意外な発見があって楽しいですね。立体視で見るとより奥行きが感じられ、迫力満点です!

トロッコに乗ってレール上を進むスピード感あふれるコース。一度乗ったら止まったり後戻りしたりはできません。ジャンプのタイミングがとても重要になります。ジェットコースターに乗っているような気分を味わえて楽しいですね。

ロケットバレルに乗り、敵や障害物をよけながら進むコース。ボタンを押すと上昇し、放すと下降します。高度を調節するには、ボタン連打のタイミングがポイントになります。

煙に包まれ、キャラクターや地形がシルエットで表示される「フォギーファクトリー」というコース。モノクロ調のグラフィックを見て、ゲーム&ウォッチを思い出してしまったのは自分だけ?

 

 

新要素追加で初めてのプレイヤーでも遊びやすく!

 

本作のWii版はシリーズ屈指の高難易度を誇り、多くのプレイヤーを絶望の淵へ叩き落とした・・・というのはちょっと言い過ぎですが、自力でクリアできなかった人も多かったようです。だったらこの3DS版も・・・!? と不安になる人もいるかもしれません。

 

でも、大丈夫! 難易度を調整した「ニューモード」が追加されており、Wii版に比べとても遊びやすくなっているんです。

「ニューモード」でディディーコングがいると体力はドンキーコングと合わせて最大合計6になります。これだけあれば多少は敵の攻撃を受けても安心! 穴に落ちると一発ミスなのは相変わらずですが、ある新アイテムがあれば・・・。

 

各エリアのマップ内にあるクランキーコングの店では、コース攻略に便利なさまざまなアイテムを売っています。「ニューモード」では価格が安くなっており、それらのアイテムを気軽に購入できるようになりました。

 

さらに、3つの新アイテムも追加されており、これらを活用すればもっと楽にクリアできるようになります。

1回だけ、穴に落ちてもその場でコース復帰できる新アイテムの「グリーンバルーン」。ジャンプ操作が苦手な人も、これさえあれば問題なし!

特定のコースで乗れるトロッコやロケットバレルが、2回までダメージを受けても壊れなくなる「クラッシュガード」も新アイテム。これで障害物も怖くない!?

ディディーコングがいないとき、下画面タッチでいつでも呼び出せる新アイテムの「ポータブルDKバレル」。体力が1になったときの回復用としても役立ちます。

 

体力の数がアップして新アイテムも追加された「ニューモード」なら、アクションゲームが得意ではない人もなんとかクリアできる・・・はず。Wii版で苦い思いをしたという人にもオススメです。

 

なお、Wii版と同じ難易度の「オリジナルモード」も用意されているので、腕に覚えのある人は挑戦してみてください。

 

 

やり込み要素満載でたっぷり楽しめる!

 

普通にクリアするだけでは物足りない! そんな人のためにやり込み要素も豊富に用意されています。

シリーズではおなじみの「K」「O」「N」「G」の4つのパネルを探すのも楽しみの1つ。なかにはとても取りにくい場所に配置されているものも・・・。

 

各エリア内の全コースで「K」「O」「N」「G」を獲得すると、そのエリアの隠しコース(ラビリンス)が出現。これをクリアすると、オーブが手に入ります。

ラビリンスは隠しコースだけあって難易度は高め。アイテムなど、万全の準備をしてから挑戦することをオススメします。

 

また、各コースには5~9個の「パズルピース」が配置されています。これらをすべて獲得してクリアすると、さまざまな「おまけ」がオープンします。

パズルピースは見つけにくい場所に隠されていることが多いです。近くのバナナをすべて取るなど、特定の条件で出現するものもあります。

「おまけ」は、イメージイラスト、おんがく、ジオラマ、3Dムービーの4種類。設定画やアイデアのメモなどの貴重な資料もあり、ドンキーファンなら見逃せない!

 

そして、8つの全エリアでオーブを集めると、隠しエリア「スカイハイエリア」への扉が開きます! Wii版ではこのエリアのコースは1つだけでしたが、3DS版では8つの新コースが追加され、やり応えのあるエリアとなっています。

スカイハイエリアのマップ。ちなみに8つの新コースは、ドンキーコングアイランドの8つのエリアをモチーフにして構成されています。

 

いかがでしょう。これだけのやり込み要素があると、いくらバルーン(ドンキーコングの残り人数)があっても足りない・・・と感じる方もいるかもしれませんね。

 

というわけで、最後にとっておきの秘技を紹介しましょう!

任天堂のアクションゲームではおなじみ(?)無限1UPです。コースは2-2「イカだらけビーチ」で、場所は中間ポイントの少し先。次々と発射されるトビーカを、着地せずに踏み続ければOK! 上段のトビーカを踏むときは、脚の部分を踏むようにするのがコツです。

 

 

遊びやすい「ニューモード」で気軽に遊べるようになりながら、コレクション要素や難易度の高いコースなども盛り込まれ、楽しみ方もいろいろ。アクション初心者から上級者まで楽しくプレイできる作品になった『ドンキーコング リターンズ 3D』を、この機会にぜひ楽しんでみてください!

 

ハッピープライスセレクション ドンキーコング リターンズ 3D』は、9月15日(木)より、新価格2,916円(税込)で発売いたします。

©2010-2013 Nintendo

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。