2018.11.29
Nintendo Switch  Indie World

「Hello! インディー」第16回 勘違いニッポンに突っ込みどころ満載!『ニッポンマラソン』は12月17日発売

  • この記事をシェアする

Hello! BOKUです。

 

秋も深まってきましたね。食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋――。

京都の紅葉も見たいし、長野で温泉に入る猿も見たいし、ああ東京も行きたいな……と、日本全国を駆け巡りたい、そんなあなたにピッタリ……かもしれないゲームを紹介します。

テーマは「勘違いニッポン」!

『ニッポンマラソン』は、ニッポンの各都市を舞台に、最大4人でプレイできるレースゲームです。

選べるコースは、「スーパー市場スイープ」に「高温多湿モンキー」、「ネオ人口」……ってどこかおかしくない!?

実はこのゲーム、「勘違いニッポン」がテーマなんです。

 

勘違いニッポンなので、ゲーム内は突っ込みどころ満載。キャラクターも、コースも、あとは日本語もどこか変。そして、すべてがちょっと変なことこそ、このゲーム最大の魅力です。

ただ、すべてに突っ込むと大変なので、ここからはゲームの内容を冷静にお伝えすることにします。

 

まずは、キャラクターを選びます。角の付いたフードを被った女の子や、セーラー服のおじさんなど、いかにもニッポンらしいキャラクターたちですね。

そして、コースを選択したら、レッツベギン!

準備はいいですか? ベギン、勇敢な、走る……行く!

ルールは簡単。誰よりも早くゴールを目指して走ります。

途中、魚が落ちていたり、犬に追いかけられたり、サラリーマンの集団に行く手を阻まれたりと、ニッポンの生活でよくある光景が行く手を阻みます。

コース内の看板も、ニッポンの街中でよく見かけるものばかりですね。

ゴールはもちろん、正解の壁だけ破れるアレ!

そして、1番にゴールしたら勝利!……ではなく、ゴールした順位や、ハプニングを起こすと上がる人気度に応じたポイントの合計で勝敗が決します。犬に噛まれたり、車にぶつかったりして人気度を上げるのも勝利への道なんですね。

1番だったあなたは素晴らしいです。

操作が少し難しく、どうやって避けたらいいかわからない障害物もでてきますが、すべて笑って許してください。

そして、ここでは冷静に紹介しましたが、プレイするときには一つ一つにみんなで突っ込みを入れながらワイワイ盛り上がってくださいね。日本愛にあふれる今作で、細かいところにまで散りばめられた「勘違い」をぜひ探してみてください!

 

『ニッポンマラソン』は、12月17日に発売です! お楽しみに!

 

それではみなさん、よいインディーライフを!

 

Copyright © Onion Soup Interactive. Published in Japan and Asia by Arc System Works.

edited by : SOEJIMA・BOKU
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。