2018.8.29
Nintendo Switch  鬼武者

Nintendo Switchで甦る、空前絶後のバッサリ感。 人気アクション『鬼武者』が12月20日に発売決定!

  • この記事をシェアする

2001年に発売され、至高の爽快剣戟アクションや「幻魔」との壮絶な戦いを描いた物語で、世界中のプレイヤーを魅了した『鬼武者』。世界累計の出荷本数が200万本を突破した、シリーズの原点となる作品が、Nintendo Switchで2018年12月20日(木)に発売されることが決定しました。

主人公・左馬介のモデルおよび声優として、俳優の金城武さんを起用した本作は、同氏がゲストクリエイターとしてゲーム企画にも参加するという、当時でも画期的なもの。今作では、日本語ボイスを新規収録し、さらに、壮大な世界観を演出するBGMも新規作成されています。

“鬼”と“幻魔”の壮絶な戦い

永禄三年(西暦1560年)、夏――。

天下統一を目指し、京の都へ向かって駿河を進発した今川義元の大軍は、その日、尾張の国、田楽峡間に駐屯した。

だがそれが彼の運命を変えた。

わずか2000の手勢を連れた織田信長が今川の本陣を急襲したのだ。

その様子を、高台から見物していた一人の若者がいた。

明智左馬介秀満――。

歴史に名を連ねる武将たちの誘いも断り、気ままに旅をする左馬介は、やがて本能寺で謀反を起こす明智光秀の甥であった。

それから一年後…。

美濃の国、斎藤義龍の居城・稲葉山城で、兵や腰元が次々に消える奇怪な事件が起きていた。

不安におののく義龍の妹、雪姫から手紙を受け取った左馬介は、稲葉山城へ駆けつけた。

無論この時、彼の腕にはまだ “鬼の篭手” はない。

鬼との出会い、そして幻魔との戦いが始まるのは、まさにこの直後からであった――

手応えと爽快感を追及した剣戟

“空前絶後のバッサリ感”と呼ぶにふさわしい剣戟の手応えや爽快感が、再び味わえます。左馬介が鬼の一族から授かった“鬼の篭手”を駆使し、幻魔が巣くう戦国の世を駆け、雪姫を助け出せ!

◆一撃必殺のカウンターを決めろ!

敵の攻撃を受ける直前に、タイミングよく攻撃をすると繰り出せる“一閃”。さまざまな幻魔を一撃で仕留められる、爽快剣戟アクションの真骨頂です。

◆大迫力の大技でピンチを切り抜けろ!

鬼力を消費して放つ、強力な“戦術殻”。3種類の武器それぞれで変化する必殺技を駆使して、戦況を一変させます。

◆倒した幻魔の魂で、回復・強化!

“鬼の篭手”は、倒した幻魔の魂を吸収し、利用することができます。武器やアイテムの強化、体力回復などに活用し、壮絶な戦いを生き抜きましょう。

グラフィックの高解像度化

キャラクターや背景のグラフィック、イベントムービーが高解像度化。視認性の向上によってアクションへ集中できる事はもちろん、鮮明になったムービーでは鬼武者の世界を存分に堪能できます。

また、オリジナル版と同様の画面表示(4:3)だけではなく、ワイド画面表示(16:9)にも対応。この切り替えはゲーム内でいつでも変更が可能です。

※メニュー画面などの一部の画面は、16:9、または4:3のいずれかに固定されています。

新操作対応・低難易度の開放

原作と同じ感覚でプレイできるオリジナル操作に加え、Lスティックを倒した方向へ移動可能な操作方法が新たに追加されました。直感的に移動しやすく、スピーディーな方向転換と、よりアクション性の高いプレイが可能です。

 

また、原作では特定の開放条件が必要だった「易しい」モードが初期開放されています。久しぶりに『鬼武者』をプレイするユーザーはもちろん、初めての人にとっても、より手軽にその世界を体験できます。

 

 

Nintendo Switchで甦る『鬼武者』に、ぜひ、ご期待ください。

Character Samanosuke Akechi by ©Amuse/Fu Long Production,
©CAPCOM CO., LTD. 2001, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
Guest Creator:Takeshi Kaneshiro

edited by : 編集部 Kai
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。