2017.8.22
その他ゲーム機  ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の紹介映像を公開!

  • この記事をシェアする

以前、トピックスの記事でお伝えした「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(※以下、「ミニスーファミ」)。1990年に発売した「スーパーファミコン」の本体をコンパクトなサイズに仕上げ、豊富なゲームラインナップの中から選んだ21タイトルをあらかじめ収録したゲーム機です。

 

本日、その公式サイトがオープンしました。紹介映像も公開されておりますので、ぜひご覧ください。

いかがでしょう。映像で見ることで当時プレイした時の記憶が蘇ってきませんか? 個人的な話になりますが、「中学生の頃に友達の家に集まって『スーパーフォーメーションサッカー』でよく遊んだなあ」とか、「『ヨッシーアイランド』は全コース100点満点取るまで頑張ったなあ」とか、「会社に入った頃、昼休みは毎日『パネポン』で対戦してたなあ」とか・・・思い出せばキリがありません。

 

映像では、懐かしい名作タイトルだけではなく、遊ぶのに便利な機能の紹介もされています。今回のトピックスでは、ミニスーファミに加わった新しい機能をご紹介します。

リプレイ機能

「ミニファミコン」同様、ゲームの途中でいつでもセーブできる機能を搭載しています。リセットボタンを押してゲームをやめると、その時点のゲームの進行状況をゲームごとに4つまで「中断ポイント」として保存でき、いつでも再開することができます。

さらに、ミニスーファミでは、その中断ポイントから、まるでビデオを巻き戻すかのように一定の時間、ゲームを巻き戻すことができるリプレイ機能も搭載されました。リプレイを見るだけではなく、リプレイの最中にスタートボタンを押すとそこから遊び直すこともできます。

巻き戻せる時間は、アクションゲームでは40秒~50秒、RPGやSLGでは4分~5分。これで、なかなかクリアできない難所も、少し手前の場面から再チャレンジすることができるようになりました。また、RPGなどで、前回どこまで遊んだか忘れてしまった時、プレイ内容を思い出すのにも良さそうです。 

マイプレイデモ

設定で「マイプレイデモ」をOFF→ONにしてメニューに戻ると、中断ポイントとして保存した自分のプレイが最近登録された順ですぐに再生されます。ミニスーファミにはたくさんゲームが収録されているので、前にどのゲームを遊んでいたのかが一目で分かって便利ですね。ちなみに、コントローラーを触らずに1分ほど待てば、マイプレイデモとオートプレイデモを繰り返し鑑賞することもできます。

自分のプレイ映像を見るのは、少し気恥ずかしいところもありますが、プレイを客観的に見ることが攻略のヒントになるかもしれません。また、すべてのタイトルで理想の「マイプレイデモ」を作って、それをみんなで鑑賞するというのも面白そうです。

画面フレーム

「ミニスーファミ」では、ゲーム画面にフレームをつけることもできるようになりました。選べるフレームは全12 種類。なかにはゲーム画面に合わせて色が変化するフレームもあります。プレイするゲームやその時の気分に合わせてフレームを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

以上、新しく加わった機能のご紹介でした。スーパーファミコンの発売から27年が経ちます。27年も経つとみなさんの環境にも変化があると思いますが、こういった機能を活用すれば、当時とはまた違うスーファミライフが楽しめそうですね。

©Nintendo
©Konami Digital Entertainment
©CAPCOM CO., LTD. 1991, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM CO., LTD. 1993, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM U.S.A., INC. 1993, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
©Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
©1993 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
©1994 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
©1995 Nintendo/ SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. キャラクター:©Nintendo, ©SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
©1990-1993 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
©1995 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
©1995 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。