2018.7.19
Nintendo Switch  Indie World

SOEJIMA&BOKUおすすめ! 夏休みにピッタリのインディーゲーム

  • この記事をシェアする

SOEJIMA

暑い……。もう完全に夏だね。

BOKU

夏と言えば夏休みですね!
SOEJIMAさん、学生時代は夏休みに何してました?

SOEJIMA

ずっとゲームしてたね。夜な夜なドラクエをしてた記憶があるよ。
同じように、夏休みにゲームする人って多いと思うんだよね。そんなとき、ぜひともインディーゲームも遊んでほしいよね。

BOKU

すでにIndie Worldで紹介したゲームは、ホームページに一覧があるので、そこから夏休みにプレイするインディーゲームを見つけてもらえたら嬉しいですね。
1人でじっくり遊ぶものから、みんなで集まってワイワイ遊ぶものまで、20タイトル以上が並んでいるので、みなさんぜひ探してみてください。

SOEJIMA

今回は、まだ紹介していないインディーゲームの中から、夏休みにおすすめの5タイトルをピックアップしました! では、さっそくいってみましょう!

友だちにドヤ顔できる!?ワイワイ遊ぶゲーム

SOEJIMA

せっかくの夏休み。友だちの家にゲームを持って行って、みんなでワイワイ遊ぶのはどうでしょうか? どうせ持って行くなら、友だちにドヤ顔できるようなゲームが良いですよね。
そこでご紹介するのが『Ultra Space Battle Brawl』(略してUSBB)。エアホッケーみたいなバトルゲームです。

BOKU

「エアホッケーみたい」ですぐにルールを理解して始められるところがいいですよね。
あと、キャラがイカしてますよね! だって、こんなキャラ見たことあります!? ハエタタキ持ってるただのオジサンですよね、これ。

左が「ブディ」で右が「ニャンモ」。2人とも武器が独特。

SOEJIMA

設定では高校生なんだけどね。
右の「ニャンモ」は定規を持ってるんだけど、その定規で公共施設を破壊して回っているらしいよ。凶暴に聞こえるけど、野良猫が暮らせる場所を作るのが目的っていうちょっとホッコリするエピソードがあったりして。見た目だけじゃなくて設定もぶっ飛んでるよね。

ストーリーモードでは、それぞれのキャラクターがUSBBに参加するまでのエピソードがわかります。

BOKU

こんなキャラが出てきたら、みんなで盛り上がること間違いなしですね。

SOEJIMA

このゲーム、インドネシアの開発者が作ったんですよ。
いろんな国に開発者がいて、いろんなアイディアのゲームを見ることができる。これもインディーゲームの面白いところです!

BOKU

わっ!SOEJIMAさん、すごいドヤ顔してる……。

SOEJIMA

最大4人で遊べるし、ルールや操作がわかりやすいし、キャラも濃いし。友だちの家に持っていって「こんなん知ってる~?」ってドヤ顔できちゃう1本だと思います!

ノルウェーの風を感じられるアーティスティックなゲーム

BOKU

この『Pode』(フォーディと読みます)は、ノルウェーの開発者が作ったゲームです。小さな岩と流れ星、2人のキャラクターを操作して、古代のパズルに挑みます。

BOKU

あまり見たことがない、神秘的な世界ですね。美しい。
色鮮やかで、幾何学的かつ曲線が強調された世界は、ノルウェーの伝統的な刺繍や「Rosemaling」という絵付けの技法をモチーフにしているらしいですよ。
グラフィックも綺麗ですけど、キャラがかわいいのもGOODですね。

左:ノルウェーの民族衣装に施された刺繍。右:Rosemalingで飾られた箱。
どちらも『Pode』のグラフィックに繋がるものを感じますね。

SOEJIMA

草木がグワーっと生えて、石柱がズドーンって伸びて。この動きが気持ちいいよね。
毎ステージ生やして回るのはちょっと面倒に感じそうだけど、この壮大な動きがその時間も楽しいものにしてくれてる。

何もないところから……

草木がグワーッ!

石柱がズドーン!

SOEJIMA

BOKUさん、このゲームは2人じゃないとプレイできないの? 僕ゲームやるときだいたい1人なんだけど……。

BOKU

わかりやすいフリをありがとうございます。もちろん、1人でも操作するキャラを切り替えながらプレイできます。さらに、両方のキャラを同時に操作することもできるので、「まずはこのキャラクターを移動して、終わったらもう1人のキャラクターを同じように移動して……」という面倒なことは一切ありませんよ。

「手をつなぐ」ボタンを押している間は2人が繋がってくれるので、同時に操作できます。うーん、イチイチかわいいぜ!

SOEJIMA

ゲームオーバーも制限時間もないし、ゲーム内には文字が一切出てこないので、親子で一緒にプレイするのも良いかもしれませんね!

ゲームで涼もう!恐ろしい世界観のゲーム

SOEJIMA

次は夏にピッタリの怖―いゲーム、『INSIDE』の紹介です。

SOEJIMA

正直に言うと表現が結構ショッキングなんですが、でもこの暗く恐ろしい世界観にぐいぐいと引き込まれてしまうんです。

BOKU

少年が、何かから逃げ続けるんですか……?

SOEJIMA

そう、どうやらこの少年は闇のプロジェクトから追われているのですが、それ以上の説明は一切ないんです。

BOKU

人や犬に追いかけられてますけど、一体この少年は何をしてしまったんですか……!?

もし見つかってしまったら、待ち受けているのは……。それにしても暗くて不気味ですね。

SOEJIMA

気になるよね~。この先の展開はぜひみなさんの目で確認してほしいです。
そしてクリアしたあとは誰かと考察をしたくなる、そんなゲームなんです。だから早くBOKUさんクリアして!

BOKU

えええ、でもこのゲーム難しくないんですか?

SOEJIMA

2Dパズルアクションゲームなんですが、操作はすごくシンプルで、「移動」と「ジャンプ」と「掴む」だけなんです。
そして、『INSIDE』の何よりすごいところが絶妙なパズルの難易度なんです。もう進めない!と諦めそうになっても、不思議とふと閃いて次に進むことができるんです。
きっとアクションゲームが苦手なBOKUさんも最後までたどり着けるはず!

SOEJIMA

他にもこの夏にぴったりなホラーゲームを1つ紹介したい! それが『返校 -Detention-』です。もう見るからに怖いホラーゲームです。出張中のホテルで一人遊んでいたときは、怖くて進めなくなっちゃいました……。

BOKU

こういうホラーゲームこそ、TVモードでみんなで一緒にやりたいですよね。逆に、雰囲気を出すなら学校のトイレとか?

SOEJIMA

怖すぎる! 学校が舞台でトイレのシーンがあるけど、なんだろう画面だけで怖い。

このあと、鏡をのぞいたら……。思い出したら夜のトイレに行きにくくなるぜ。

SOEJIMA

このゲームは怖さを演出する表現力の高さはもちろん、台湾の歴史をテーマにした切ないストーリーも魅力的なんです。そして、パズルや謎解きもバリエーションに富んでいるので、ゲームとしてもしっかり遊びごたえがありますよ!

プログラミングが学べるゲーム。これは遊びではない、勉強だ!

BOKU

夏休みは時間があるから、新しいことを始めるチャンス。時間を有意義に使いましょう。……と終業式の日によく言われましたよね。そこで、プログラミングを始めてみるのはどうでしょうか? もちろんゲームなんですけどね。『ヒューマン・リソース・マシーン』は、プログラミングをパズルにしたゲームです。

SOEJIMA

遊びながら知識が身について、プログラミングの導入にピッタリですね。プレイしていると、プログラミングの肝となる考え方が身につきそう。

学生時代に習ったブール論理をこんなところで使うなんて! 授業が役に立ちました。
……本当は思い出せずに調べました。先生ごめんなさい。

BOKU

なかなか本格的なんですよね~。クリアするだけでも手ごたえがあるのに、さらに効率化目標を達成するのにかなり苦労するステージがあって、プログラマーのみなさんが本気で挑戦している様子をTwitterなどで見ますよ。これをお子さんがコンプリートできたらすごい!

行数やステップ数の目標が設定されているので、さらに上を目指す方は挑戦してください。ボクはここのスピード目標がどうしても達成できませんでした。くやしい!

SOEJIMA

ステージも多いし、かなり楽しめますね。お父さん、お母さん、これはもう遊びではなく勉強ですよ!

最後に

SOEJIMA

どうでしょう? 夏休みにピッタリのインディーゲームは見つかりましたか?

BOKU

お時間のある方は、Indie Worldのほかの記事や、Twitterもぜひ見てくださいね~。

SOEJIMA

それではみなさん、よいインディーライフを!

edited by : SOEJIMA・BOKU
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。