2019.2.14
Nintendo Switch  鬼ノ哭ク邦

輪廻転生の理を持つ、小さな国の物語。スクウェア・エニックスが贈る新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』を初公開!

  • この記事をシェアする

本日放送された「Nintendo Direct 2019.2.14」で、スクウェア・エニックスの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』の情報が初公開されました。

まずは、映像をご覧ください。

生と死、対を成す2つの世界で紡がれる物語

物語の舞台となるのは、輪廻転生(りんねてんせい)によって命が繁栄した小さな国です。

輪廻転生とは、魂が生と死を繰り返すこと。生涯を終えた人の魂は肉体を離れ、やがてまたこの世に生まれ変わる。しかし、悲しみや憎しみといった強い想いに囚われた魂は「迷イ人(まよいと)」としてあの世をさまよい、いずれは魔物と化してしまう…。そんな理が存在する世界で、人々は大切な人の死に対する悲しみすら押し殺しながら、静かに暮らしています。

主人公・カガチは、輪廻転生の理を守るため、迷える魂を救済する「逝ク人守リ(いくともり)」の青年です。

彼の役目は、生者の世界「現シ世(うつしよ)」死者の世界「幽リ世(かくりよ)」を行き来しながら、迷イ人たちが魔物にならぬように導くことです。しかし、救済が間に合わず迷イ人が魔物と化してしまった場合は、魔物と戦い、その魂を消し去ることを求められます。

対の世界でありながら、どこかが異なる「現シ世」と「幽リ世」。

2つの世界を往来し、迷イ人を救う方法を探るカガチ。時に魔物との死闘を繰り広げることになる。

「鬼ビ人」を切り替えて戦うアクションバトル

非常に強い想いを持つ魂が、魔物化せずに変化した稀有な存在を「鬼ビ人(オニビト)」と呼びます。カガチは幽リ世で鬼ビ人たちと出会い、自らの肉体に憑依させることで、魔物に立ち向かう力を得ることができるのです。

鬼ビ人たちはそれぞれ異なる武器やスキルを持っており、憑依させる鬼ビ人によってプレイヤーの立ち回り方も大きく変わってきます。戦況に合わせ、リアルタイムで鬼ビ人を切り替えることが、強大な魔物に打ち勝つ秘訣です。また、鬼ビ人は戦いを重ねることで成長し、多彩なスキルを習得します。自分のスタイルに合うようカスタマイズすれば、より有利に戦闘を進めることができるでしょう。

刀や槍、弩(クロスボウ)、斧など、多様な力を持つ鬼ビ人たち。育成すれば更なる力を引きだせるようになる。

『鬼ノ哭ク邦』は、Nintendo Switchで2019年夏発売予定です。今後の続報にもご期待ください。

©SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

edited by : 編集部 Hira
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。