2019.1.24
Nintendo Switch  SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ

シリーズ最新作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』がNintendo Switchで発売決定! 創世記を経て、4つの新世紀が交錯する――。

  • この記事をシェアする

オリジナルの部隊を率いて4つのガンダム世界を戦い抜く「ジージェネレーション」シリーズの最新作。

『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』が、バンダイナムコエンターテインメントさんより、Nintendo Switchで2019年に発売されることが発表されました!

「ジージェネレーション」シリーズは、「機動戦士ガンダム」シリーズの歴代作品の中から自分の好きなモビルスーツやキャラクターを集め、成長・開発・編成といったゲームシステムを通して、様々なガンダム作品のストーリーを追体験できるウォー・シミュレーションゲームです。

最新作となる本作には、「新機動戦記ガンダムW」シリーズ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズ「機動戦士ガンダム00」シリーズ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」シリーズから様々なモビルスーツ・キャラクターが参戦。

プレイヤーはこれら原作の名シーンやキャラクターたちが紡ぐストーリーを体験しながら独自に作り上げた部隊を率いてステージを攻略していくことで、様々に設定された条件をいかにクリアしていくかといったガンダムシミュレーションならではの醍醐味が楽しめます。

ゲームの基本はウォー・シミュレーション。マス目状のマップでユニットを動かして戦う。編成した部隊と敵ユニット、地形などの状況を分析し、最適な戦略を立てて挑もう。

戦闘シーンはシリーズ独自の迫力の演出が展開。SDガンダムだからこそのダイナミックなアクションやケレン味のあるカット構成でモビルスーツやモビルアーマーの戦闘が描かれます。

ステージ攻略中には原作の展開を踏襲したイベントが発生することも。敵の増援が発生するなどの危機的状況をいかにして切り抜けるか。自ら編成した部隊の能力が試されます。

自分だけの部隊を編成し、戦闘への準備を整えよう

本作では、原作パイロット・オリジナルパイロットを、好きなモビルスーツやモビルアーマー、戦艦などに搭乗させて、自分だけの部隊を編成することができます。

また、設計や開発などを行い新しいモビルスーツを手に入れたり、改造を行うことで性能の強化も可能。特にモビルスーツやモビルアーマーを開発するためのユニット系統図は「ジージェネレーション」シリーズならではの要素となっています。

機体とパイロットを自由に編成することができ、原作には無かった組み合わせも可能。さらに、作品の枠を超えて、各作品のガンダムを集めた部隊を編成することも。

機体は開発・レベルアップさせることによって、新たな機体へとグレードアップされたり、強化されていく。量産機でも使い込めば「ガンダム」を超えた強さを得る可能性も。

機体を開発することによって、新たな機体へと進化する。量産機から特殊バリエーション機へ、旧型機から新型機へなど、より強力な機体に成長させよう。

原作シナリオを追体験しながらステージを攻略

本作には、TVアニメ・劇場版・漫画など数多く存在するガンダム作品の物語を追体験することができる、キャラクター同士の会話やイベントなど作品を盛り上げる要素が各所に散りばめられています

原作の名シーンやキャラクターたちが紡ぐストーリーを体験しながら、ステージを攻略していくことでゲームが進行。なかには歯ごたえのあるステージも存在するため、より性能の高いユニットを開発したり、お気に入りのユニットをとことん強化していくなど、プレイヤーごとの攻略法を見出し、やり込んでいくことができます。

ゲームは原作の物語をたどりながら進行。各作品のストーリーを追いかけながら、ステージを攻略していきます。

原作で多くの人の心に残ったあの名台詞も収録。なかにはキャラクターボイスを用いた演出も存在し、熱い台詞がバトルを盛り上げます。

原作の名場面がジージェネレーション独自の演出で表現され、あの感動のシーンが蘇る。

なお、「ジージェネレーションシリーズ」には、原作のストーリー展開をなぞって追体験していく「原作追体験型」と、歴代作品のクロスオーバーを楽しむことができる「ブレイク型」の2つのタイプが存在しますが、本作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』は、原作追体験型の作品になるとのことです。

参戦作品一覧

最後に、参戦作品をご紹介。記事の冒頭でもお伝えしましたが、本作には「新機動戦記ガンダムW」シリーズ、「機動戦士ガンダムSEED」シリーズ、 「機動戦士ガンダム00」シリーズ、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」シリーズの4つの世界から機体やキャラクターが参戦します。本作に参戦する全作品は、以下ご覧の通りとなっています。

『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』参戦作品一覧
新機動戦記ガンダムW
新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT
新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED MSV
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
機動戦士ガンダムSEED DESTINY-MSV
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ΔASTRAY
機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS
機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B
機動戦士ガンダム00
機動戦士ガンダム00P
機動戦士ガンダム00F
機動戦士ガンダム00I
機動戦士ガンダム00V
機動戦士ガンダム00V戦記
劇場版機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
機動戦士ガンダム00I 2314
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
SDガンダムGX
G GENERATIONシリーズ
☆:シナリオが収録されている作品

ウイングガンダムゼロ
型式番号:XXXG-00W0
ガンダム設計者である5人の博士が、オペレーション・メテオが実行される15年前に試作した機体。『ゼロシステム』によって、従来機とは比較にならない戦闘能力を発揮する。

フリーダムガンダム
型式番号:ZGMF-X10A
ザフトの各MS開発局が合同で開発した『ZGMF-Xシリーズ』の1機。『ニュートロンジャマーキャンセラー』によって核エンジンによる稼働を実現し、フェイズシフト装甲も時間制限無しに展開できるなど、GAT-Xシリーズを上回る性能を持つ。

ダブルオーガンダム
型式番号:GN-0000
第3世代ガンダムの戦闘データを元にソレスタルビーイングが開発した新たなるガンダムの1機。2基の太陽炉を同調させることで通常を遥かに上回るGN粒子量を生み出す『ツインドライヴシステム』を搭載している。

ガンダム・バルバトス(第6形態)
型式番号:ASW-G-08
ガンダム・バルバトスの改修形態の一つ。装甲の増加によって機動性は犠牲になったものの、継戦能力に優れた仕様となっている。

 

「ジージェネレーション」シリーズの最新作、Nintendo Switchソフト『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』は2019年発売予定です。続報をお楽しみに!

 

©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・MBS
※画面は開発機材で撮影された画像となります。実際のものとは異なる可能性がございますので、予めご了承ください。

edited by : 編集部 Gami
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。