2016.12.7
Wii U  Splatoon(スプラトゥーン)

「第2回スプラトゥーン甲子園」九州地区大会レポート!決勝戦は強豪同士の息をのむ戦いに!

  • この記事をシェアする

ナワバリバトルで日本一を争う「スプラトゥーン甲子園」。来年2月の闘会議2017で開催される全国大会への出場権をかけた地区大会も、いよいよ終盤戦にさしかかりました。今回は、先週末12月3日(土)に行われた九州地区大会についてレポートします!

九州地区大会が実施されたのは、福岡県の「イオンモール大牟田」。熊本県との県境に位置し、地区大会の中では最南端での開催となりましたが、やはり12月に入ったこともあり、冷え込みの厳しい朝となりました。

しかしそんな寒さにも負けず、開始前から非常に多くの『スプラトゥーン』ファンの方々が集まり、会場は早くも熱気に包まれていました。

また今大会は、東海、近畿大会同様、イカス号に加えてイカス屋台も出動し、2つのトーナメントで争われました。イカス屋台を勝ち抜いた2チームが準決勝からイカス号に合流し、そこで勝利した2チームが全国大会への出場権を手にします。

 

決勝はイカス号代表とイカス屋台代表の戦いに!

九州地区大会も他大会に負けないくらい個性豊かなチームが出場されていましたが、そんな中、決勝戦に勝ち上がってきたのは、イカス号代表の「そんなもんくーちゃん♪」とイカス屋台代表「SpLife」の2チーム

これまでイカス屋台が導入された地区大会では、イカス屋台代表同士で決勝を争う形でしたので、イカス号代表とイカス屋台代表が決勝戦で対決する、初の大会となりました。

イカス号代表「そんなもんくーちゃん♪」

イカス屋台代表「SpLife」

「そんなもんくーちゃん♪」は、昨年の甲子園全国優勝メンバーであるダイナモンさんをはじめとした、実力者を揃えたメンバー構成。対する「Splife」もプライベートマッチを使ったチーム対抗戦で負け知らずという強豪同士の対決になりました。

注目の決勝戦の模様はこちらをご覧ください。

今回も決勝戦のブキギア構成を調べましたので、チーム戦の参考にしてみてください。

※それぞれの画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

 

九州地区優勝チームは「そんなもんくーちゃん♪」に決定!

注目の決勝戦は、「そんなもんくーちゃん♪」が前回大会王者の貫録を見せつけて2連勝し、地区優勝の座を勝ち取りました!特に1試合目の猛攻は凄まじく、思わず息をのむほどの戦いぶりでした。

「そんなもんくーちゃん♪」のみなさん、本当におめでとうございます!

準優勝の「SpLife」も九州地区代表として全国大会に出場できます。「SpLife」のみなさんも全国大会での活躍を期待しています!

九州地区大会の参加チーム及び、最終結果はご覧の通りです。

※画像をクリック(タップ)するとより大きな画像で見られます(別ウィンドウで開きます)。

今大会の解説を担当したイカ研究員からもコメントが届いていますのでご紹介します。


回を増すごとに激しさを増す第2回スプラトゥーン甲子園。決戦の地・関東を除く最後の地方開催となった九州地区大会は強豪が集う激戦区となった。

前回大会の地区大会覇者が緒戦で敗れ、大金星の勢いのまま勝ち進んだチームが準々決勝で敗れと、波乱に次ぐ波乱の展開。勝ち残ったチームは、どこが優勝してもおかしくない実力の持ち主ばかりだったが、その中でも圧倒的な力を見せて優勝したチーム「そんなもんくーちゃん♪」には心から拍手を送りたい。

準優勝チーム「SpLife」も、決勝大会進出者として名に恥じぬ見事な戦いぶりだった。両チームの決勝大会での活躍に期待したい。また、そんな強豪ひしめく中、大人顔負けの奮闘で3回戦まで勝ち進んだ小学生チームの活躍も印象深い大会であった。

残す予選はジャンプフェスタ選抜と関東地区大会。どんなドラマが生まれ、どんなヒーローが生まれるのか、引き続き注目していきたいと思う。


次回は、12月17日(土)と12月18日(日)の2日間にわたって開催される「ジャンプフェスタ選抜 in 幕張メッセ」。もちろん生中継もされますので、現地に行けない方はこちらからご覧ください!

 

そして最後の予選大会となる「関東地区大会」の募集も来年の1月5日(木)まで受け付けています。「我こそは!」という方はこちらの公式サイトからエントリーをお願いします。

©2015 Nintendo

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。