2016.6.15
Wii U  ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

続報!『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発表されました

  • この記事をシェアする

現在、ロサンゼルスにて開催されているE3(※)にて、Wii UとNX(開発コード名)で発売予定の『ゼルダの伝説』最新作の発表が行われました。

 

※ E3:Electronic Entertainment Expo(エレクトロニック エンターテインメント エキスポ)の略で、年に1度、米国のロサンゼルスで開催されるコンピューターゲーム関連の見本市のことです。2016年のE3は、現地時間6月14日~16日に開催されています。

 

まずは、映像をご覧ください。

ご覧いただいたように、タイトル名は、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に決定いたしました。

 

“ゼルダの当たり前を見直す”という今回の開発コンセプトに基づき、タイトルロゴのイメージも大きく変わりました。日本語表記が大きく目立つようになり、新しいながらも、少し懐かしい感じがしますね。

 

そして、キャラクターデザインも一新されています。 

 

見渡す限りどこまでも広がる世界。それが今回の冒険の舞台です。

E3の会場に行っているプロデューサーの青沼から、日本の皆さんにメッセージが届いていますので、ご紹介させていただきます。

 

◆青沼からのメッセージ

日本のゼルダファンの皆さん。

 

ゼルダのWii U最新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が、E3でいよいよ公開されます。"ゼルダの当たり前を見直す"というテーマで作った本作は、広大な世界を舞台に、どこに行って、何をするのもプレイヤーの自由という、今までのゼルダの「型」を破った、ゼルダ史上、類を見ない新しいゲームです。

 

E3の任天堂のブースでは、このゲームの世界観をよりリアルに感じてもらおうと、ゲームに登場するキャラクターの造形物などを、その世界さながらのジオラマ的な装飾の中に配置し、来場者の皆さんに楽しんでもらおうとしています。写真はゲームの中に登場する「ボコブリン」というモンスターに宮本と私が果敢に戦いを挑んでいる姿です。いい歳をして・・・と笑っていただければと(笑)。

 

いよいよ、E3の開幕です。多くの来場者の方に、じっくりと遊んでいただいて、生まれ変わったゼルダの世界を楽しんでもらえたら嬉しいです。私もショーを楽しもうと思います!

また、本日より『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』公式サイトがオープンしました。ぜひ、本作の世界観を感じてみてください。

 

「Nintendo Treehouse: Live」で公開された最新情報をご紹介

 

本日未明に放送された生放送番組「Nintendo Treehouse: Live」にて、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の最新情報が公開されました。

 

番組の内容はほぼ英語になりますが、プロデューサーの宮本や青沼が出演している場面は、日本語による説明もございます。ぜひご覧いただければと思います。

 

 

◆ゲームプレイの流れ(日本語あり)

広大な世界を持つ本作では、見晴らしの良い塔や山岳に登ることで、気になる場所を見つけ、そこへ向かう方法を自分で模索することになります。遠くに見える山々も単なる風景ではなく、自分の力で辿り着くことができるようになっています。

 

 

◆初代ゼルダとの共通点(日本語あり)

「ゼルダの伝説」シリーズの生みの親でもある宮本が、最新作『ブレス オブ ザ ワイルド』と初代『ゼルダの伝説』に共通する魅力について語っている映像です。

 

 

◆大自然の中での探索

フィールドのいたるところにあるモンスターの拠点やアイテムが入った宝箱を探すことも、本作の楽しみ方の一つとなっています。この世界には天候や気温の変化が存在し、こうした自然環境が謎解きにも関わってきます。

 

 

◆試練の祠

この世界には、ダンジョンの他に「試練の祠(ほこら)」と呼ばれる場所が100か所以上存在します。

 

祠の見つけ方や、祠への行きかたは謎になっており、その謎を解く方法は一つではありません。自分のひらめきで、思うように探索や冒険を楽しみましょう。

 

 

◆さまざまな武器と考える戦闘

今回、武器にはさまざまな種類があり、敵の武器を奪うこともできます。敵を倒す方法も一通りではなく、アイデア次第で労せずに敵を一掃することもできます。

 

 

◆生きぬくための狩猟・採集

これまでと違い、草を刈っても「ハート」は出現しません。体力を回復するには、イノシシや鳥などの動物、きのこや木の実などの植物を、狩猟・採集しなければなりません。

 

 

◆まだ見ぬ世界(日本語あり)

今回、E3でお見せした場所は、この世界のほんの一部に過ぎません。外に広がる世界には、何が待ち受けているのでしょうか。

 

 

◆amiiboの発売も決定

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』から、リンク(弓)、リンク(騎乗)、ガーディアンの3体が発売されることになりました。ディテールの分かる映像もご用意いたしましたので、ご覧ください。

また、本作は既に発売済みのウルフリンクのamiiboにも対応しています。ウルフリンクがリンクのパートナーとしての役割を果たしてくれます。

 

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は2017年の発売となります。新しい冒険にご期待ください。

© Nintendo

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。