2016.5.6
ニンテンドー3DS  カルドセプト リボルト

「カルドセプト リボルト ダイレクト」5月11日に実施決定!

  • この記事をシェアする

「カルドセプト®」シリーズはカードゲームとボードゲームが融合した戦略思考型のゲームです。2012年に『カルドセプト セカンド』のリメイク作がニンテンドー3DSで発売されていますが、今作は10年ぶりの完全新作。期待されている方も多いのではないでしょうか。

 

その魅力を「直接」お伝えする「カルドセプト リボルト ダイレクト」を、5月11日(水)20時30分から実施いたします。

 

「カルドセプト」シリーズとは?

 

『カルドセプト』は、ダイスを振って進むボードゲームに、手札の中から自分なりの作戦を考えるカードゲームの楽しさを掛け合わせたゲームです。

 

登場するカードのカテゴリーは、「アイテム」「クリーチャー」「スペル」の3種類。各カテゴリーには能力の異なるさまざまなカードが存在し、400種類以上のカードの中から自分だけの50枚の組み合わせを考えます。

ボードを進み、所有者のいない土地に止まれば、「クリーチャー」を配置して、自分の領地にすることができます。その領地に他のプレイヤーが止まれば、「魔力」(お金のようなもの)を貰うことができます。このようにして、目標魔力まで一番早く貯めたプレイヤーが勝ちとなります。

そして、相手の領地に止まった時に、戦いを申込み、相手を倒せばその領地を自分のものにできます。逆に、負けてしまうと魔力を失ってしまうので、大きな痛手です・・・。

相手の領地を奪えば、大逆転も夢ではありません。いつ攻めるか?どのカードを使うか?などなど、この駆け引きが『カルドセプト』の真骨頂なのです。

 

『カルドセプト リボルト』では、これまでのシリーズに比べて、よりスピーディになるようにシステムの改良を行っています。今回の「カルドセプト リボルト ダイレクト」では、このあたりのシステム紹介もされますので、ぜひご覧いただければと思います。

 

ストーリー

反抗組織「フリーバッツ」の一員として、失った記憶を求めて旅をするクエストモードでは、新しいストーリーが展開。そして、そのストーリーに登場するキャラクターは、西村キヌさんにデザインしていただいています。

 

新カード200種類以上!能力やデザインに注目!

 

先日、カルドセプト公式ツイッターにて、『銃夢』の木城ゆきとさんにカードデザインのご協力をいただいたことが発表されましたが、さまざまなイラストレーターの方々によるカードデザインも「カルドセプト」シリーズの魅力の一つです。

今作に収録されているカード全400種類以上の中、200枚以上が新カードということですので、「カルドセプト リボルト ダイレクト」では、いったいどんな能力の、どんなデザインのカードが紹介されるのか?というところにも、ぜひ注目してください。

©1997-2016 Omiya Soft. ©2016 Nintendo
カルドセプト、Culdceptは有限会社大宮ソフトの登録商標です。

edited by : 編集部 Kai
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。