2019.5.23
Nintendo Switch  バイオハザード シリーズ

「バイオハザード」の歴史を紡いだ3作品が、Nintendo Switchで本日発売!

  • この記事をシェアする

「バイオハザード」世界の始まりを描いた『バイオハザード』『バイオハザード0』。そして、ゲームシステムと物語いずれの面でも大きな変革を遂げ、シリーズの分水嶺と言える『バイオハザード4』。シリーズの歴史を紡いだ3作品が、本日(5/23)、カプコンさんより発売されました。

実は、今回発売される『バイオハザード(2002年版)』、『バイオハザード0』、『バイオハザード4』の3作品はいずれもオリジナル版はゲームキューブに向けて製作されています。「バイオハザード」シリーズの名作であり、ゲームキューブの名作でもある3作品を、お手頃な価格でNintendo Switchでお楽しみいただけます!

『バイオハザード HDリマスター』

1996年に発売された第1作を、当時(2002年)最高峰レベルのグラフィック表現でリメイクした作品。グラフィックのみならず、物語のアウトライン以外は全てが新たに制作されており、原作以上に恐ろしく、また深みのある物語の作品へと生まれ変わっています。「極限状況から知恵を尽くして生還する」サバイバルホラーの傑作として名高い作品です。

HDリマスター化に際して、当時の元素材の修復や新規テクスチャの作成を行うなどの作業を丁寧に積み重ねられたことによって、原作の空気感や当時のプレイ感覚が現代のプレイ環境で再現されています。特別映像"ウェスカーズリポートI”他も収録。

STORY

1998年―アメリカ合衆国中西部ラクーンシティ郊外で多発する猟奇殺人事件。その事件の調査に出動していたラクーン市警所属の特殊部隊「S.T.A.R.S.」ブラヴォーチームからの消息が突然途絶えた。ブラヴォーチーム捜索の調査に赴いた「S.T.A.R.S.」アルファチームであったが、森の中で見つけたのは、墜落したヘリコプターと既に息途絶えたブラヴォーチームのパイロットだった。生存者を求めて森を探索していくクリスらアルファチーム隊員たちは異形の犬の群れに襲われる。辛くも洋館の中へと逃げ込んだ隊員達であったが…。ここから惨劇が始まる。

探索を始めたプレイヤーは程なくゾンビと遭遇することに。本作のみならず、シリーズを象徴するシーンとなっている。

辛くも洋館に逃げ込んだ隊員たち。脱出する術はあるのだろうか?

プレイヤーに襲い掛かるゾンビ。彼らは猛烈な飢餓感に衝き動かされている。

Nintendo Switch

『バイオハザード0 HDリマスター』

すべての始まり“洋館事件”の発端となる“黄道特急事件”が描かれる『バイオハザード0』。本作をプレイすることで洋館事件の全貌が明らかになる、いわば第1作『バイオハザード』と“対”とも呼べる作品です。世界中のゲームファンを驚かせた『バイオハザード』(2002年版)同等のグラフィック表現はもちろん、二人の主人公を操作する“パートナーザッピング”をはじめとするさまざまな新システムが盛り込まれています。

『バイオハザード0』で試みられたシステムは続くシリーズ作品へ継承されており、本作では『バイオハザード HDリマスター』同様の丁寧なHD化に加えて、他機種版でも追加されている新たなプレイモード“ウェスカーモード”も収録。超人的な能力を持つウェスカーでのプレイは本編とは異なる爽快感が味わえます。

STORY

1998年、アメリカ合衆国中西部ラクーンシティ郊外で頻発する猟奇殺人事件。調査のため、 ラクーン市警所属の特殊部隊S.T.A.R.S.“ブラヴォーチーム”が派遣された。ヘリで現地へと向かったチームだがエンジントラブルに見舞われ、ヘリは不時着、大破してしまう。そこで隊員たちは横転した軍用車両と、死亡した軍人、そして残された死刑囚ビリー・コーエンの移送指示書を発見する。周辺の捜索を開始するブラヴォーチーム。新人隊員のレベッカは停車した列車を発見、人の気配が感じられない車内へと歩を進めてゆく…。

暴走を続ける黄道特急。どこへ向かっているのか、目的地は判らない。

特殊部隊隊員と死刑囚。相容れないはずの二人は、生き残るために互いの命を預けあう。

自らにウイルスを投与し、超人的な力を手に入れたウェスカー。本編と異なる爽快感溢れるプレイが楽しめる。

Nintendo Switch

『バイオハザード4』

『バイオハザード4』は従来の固定視点でのゲームプレイから、プレイヤーの背後からの視点“ビハインドビュー”へと変革を遂げた作品。アクション・シューティングゲームの新たなスタイルを高い次元で結実させた『4』は「バイオハザード」シリーズ作品のみならず、続く多くの作品に影響を与えています。サバイバルホラー、そしてアクションゲームの王道作品として、誕生から年月を重ねた今もその完成度は色褪せていません。本作には、後発機種版で追加されたシナリオ「the another order」も収められています。

STORY

未曾有の生物災害“ラクーン事件”。その経緯は白日にさらされ、元凶となったアンブレラ社は崩壊した。事件から生還したレオン・S・ケネディは大統領直轄のエージェントへと成長していた。彼は誘拐された大統領令嬢の目撃情報を元にヨーロッパの寒村へと向かう。不穏な村で新たな事件の幕が上がる…。

ラクーン事件から数年後…新人警官だったレオンは大統領の信頼厚いエージェントへと成長していた。

本作の変革を象徴するのが新たな視点「ビハインドビュー」。固定視点では味わえない臨場感とエイミングも楽しめるようになった。さらにワンボタンで状況に応じたアクションが繰り出せる。

レオンの元同僚であり、ライバルとも言えるクラウザーとの対峙。2人の間に何があったのか?

Nintendo Switch

シリーズの始まりをまとめて楽しむ『バイオハザード オリジンズコレクション』も本日発売!

すべての始まり“洋館事件”を描く『バイオハザード HDリマスター』と、洋館事件の発端となる“黄道特急事件”を描く『バイオハザード0 HDリマスター』。前述にもある通り、この“対をなす”とも言える2作品がセットになった『バイオハザード オリジンズコレクション』も、価格5,940円(税込)にて本日発売です!

 

『バイオハザード HDリマスター』をプレイした後、『バイオハザード0 HDリマスター』をプレイすることで、バイオハザードサーガの始まり、その全貌をお楽しみいただけます。

なお本商品はパッケージ版のみの販売となっております。2作品をまとめて遊びたいという方はこちらのパッケージがお得となっていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

©CAPCOM CO., LTD. 1996, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM CO., LTD. 2002, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM CO., LTD. 2005, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM CO., LTD. 2016, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。