2019.7.25
Nintendo Switch  Indie World

夏休みにおすすめのインディーゲームをご紹介(前編)

  • この記事をシェアする

待ちに待った夏休みですね! この夏どんなゲームを遊ぼうか迷われているそこのあなたに、おすすめのインディーゲームご紹介します。今回の前編ではSOEJIMAから!

どっぷりとゲームにハマりたいあなたにおススメ!

まず、この夏は涼しい部屋でどっぷりとゲームにハマりたい!というあなたにおすすめなのが『Slay the Spire』

「デッキビルディング(デッキ構築)」×「ローグライク」という組み合わせの新感覚カードゲームです。

このゲーム、一度始めたら「時間が溶けてしまう」ので要注意。僕もこのゲームにハマりすぎて、最近寝不足気味です……。

どのカードの組み合わせが強いのか?を考えながら、自分だけのデッキを築き上げてボスを目指すのですが……これが病みつきになる!

毎度やられたら最初から。でもプレイするたびに何かしらの発見があって、次はもっといいデッキを作るぞと思わせてくれます。

また、本作には3人の主人公が用意されていて、それぞれ初期デッキや入手カードは大きく異なります。そのためゲームの基本システムは同じでも、デッキ構築の戦略性は三者三様。全然違うプレイ感覚を味わえます!

ちなみに僕はやりこみ要素の「登塔モード」に黙々と挑戦中。現在ようやくレベル5まで来ました。このモードはレベル20まであるので、まだまだ…道半ば…。

おでかけのお供に、さくっとRPGに挑戦!

続いては、おでかけのお供に、さくっとRPGに挑戦したい!というあなたにおすすめの『ARTIFACT ADVENTURE 外伝 DX』

このゲーム、ほかのRPGと一味違うのは「プレイヤーの選択によって3年後の未来が変わる」という点。

3年後にせまる厄災から世界を救うために、未来に向けた準備をしながら冒険を進めます。

この準備期間に自分が何をしたのか、何をしなかったのかで、3年後の状況が大きく変わってきます。

そして3年後の世界では、これまでの行いの結果を知ることになるのですが……ここがまさにこのゲームの醍醐味なんです!

過去の自分のふるまいを悔やむのか、はたまたホッと胸をなでおろすのか……。

自由度が高いのもポイント。行き先も、攻略する順番も、完全にプレイヤー次第。

何も準備をしないまま、3年後の厄災に挑むことだって可能。そう、いきなりラスボスに挑めます。

さらに、最初に選択する仲間によって遊び方や難易度が大きく変わるので、2周目も楽しめますよ。

見た目はレトロで懐かしい雰囲気ですが、遊んでみるとちょっぴり新しい感覚を味わえる、そんなRPGです。

僕は貴族ハーシェルを選んで、財力にモノ言わすプレイで進めましたよ! いきなり最強の武器だって買えてしまいます。なんて自由なんだ!

ぜひ、自分だけの選択を楽しんでみてください。

「エディス・フィンチ」に残されたものとは一体?

最後に紹介するのは、とある一族の生き残り「エディス・フィンチ」の物語。

What Remains of Edith Finch 『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』は一人称視点で物語を体験していく3Dアドベンチャーゲームです。

フィンチ家一族の生き残り「エディス・フィンチ」として、一族が住んでいた屋敷を訪れるところから物語は始まります。

古く奇妙な屋敷に残されているのは、日記や手紙。エディスはそれらを手に取ることで、持ち主の「最期の時」、つまり「死の瞬間」を追体験することができます。

 

なぜ彼女だけ生き残っているのか?

 

彼女に残されたものとは一体?

 

一族それぞれの最期の時をその目で追いながら、彼女がたどり着く結末は果たして……。

細部まで作りこまれた、まるで映画のセットのような奇妙な屋敷。

そして、道中に出てくるゲームならではの「演出」によって、この世界への没入感がぐっと高められています。

自分自身が追体験しているような、不思議な感覚。一度プレイを始めると、終わりまで止められない魅力がありました。これをぜひ味わってほしいです。

特に、兄ルイスの妄想と日常が入り混じるシーンは印象的でした

エンディングまではおそらく2、3時間程度。ホラーの要素はそこまで強くないですからご安心を。

ゲームを終えたあとは、まるで1本の映画を見たような、でも映画とは一味違うような感覚を味わえますよ。

 

いかがでしたか?みなさんの夏のソフト選びの参考になればうれしいです。

来週公開予定の後編でも、この夏おすすめのインディーゲームを紹介します。

BOKUさんのおすすめは一体どんなゲームなんでしょうか? 次回もお楽しみに。

 

それではみなさん、よいインディーライフを!

2019 MegaCrit, LLC.
Copyright © 2019 bluffman games & room6 Inc. All Rights Reserved.
© 2019 The Legal Fiction of Edith Finch, LLC. All rights reserved. Developed by Giant Sparrow, Inc. Published by Annapurna Interactive under exclusive license.

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。