2016.3.3
ニンテンドー3DS  クマ・トモ

おしゃべりするクマとの友達生活。しんゆうができちゃうゲーム『クマ・トモ』

  • この記事をシェアする

3月17日(木)より、現在発売中のニンテンドー3DSソフト12タイトルを、2,916円(税込)の新価格でお買い求めいただける「ハッピープライスセレクション」。

 

このトピックスでは、任天堂ゲーム専門誌『ニンテンドードリーム』の編集部にご協力いただき、「ハッピープライスセレクション」で発売されるそれぞれのゲームの内容を、シリーズでご紹介しています。

 

今回は、『クマ・トモ』です。

 

ニンテンドー3DS

ハッピープライスセレクション

皆さまこんにちは! 動物大好き、ニンテンドードリーム編集部のこあらです。トピックスに登場させていただくのは2回目になりますね! さて、今回ワタクシがご紹介するのは、しんゆうができちゃうゲーム『クマ・トモ』!

このゲームは、ある日、自分(あなた)のお家にやってきたクマのぬいぐるみと仲良くなって、その名の通り「親友」になれちゃうゲームなんです!

 

いっしょに過ごしていく中で、クマがあなたの言ったコトバを覚えて、そのコトバを使っておしゃべりするようになっていくのです。

 

とはいえ、「クマのぬいぐるみとおしゃべりってどういうこと?」という方がほとんどだと思いますので、今回は私のクマちゃんをご紹介します。

 

 

しゃべるクマとの共同生活は癒しでいっぱい!

こちらが私のお家にきたクマのココちゃんです。名前の由来は、このゲームを最初に始めたとき、ココナッツ入りのクッキーを食べていたから。(ゴメンナサイ)

 

ココちゃんは、ペロペロキャンディが大好き、テレビを観るのも大好き。「きょうテレビで“かわいいペット大集合”っていう番組を見たの」なんて話しかけてくることもあります。

 

そう、ココちゃんのすごいところはぬいぐるみなのに動くこと! そして喋ること! 実際に声に出しておしゃべりしてくれます。

ごはんを作って食べさせてあげると、おおはしゃぎ。おふろに入れてあげたら「さっぱりしたー」なんて言ってくれたり。いちいちリアクションがキュートなんです。

洋服をお着替えしたり、いっしょに作物を育てて収穫したり! なんて楽しみもあります。カレンダーと連動しているので、その季節ならではのイベントも!

 

こんな感じでお世話をしたり、可愛がったりしていっしょに過ごしていると、ココちゃんから私にいろんな質問をしてきます。

「こあらちゃんは男の子?女の子?」

「こあらちゃんは誰と住んでるの?」

「こあらちゃんが住んでいる町はどこ?」

 

いろんなことを質問されて、それに答えているうちに、私の好きなことや嫌いなこと、趣味や住んでいる町などをどんどん覚えていきます。そして覚えたことを自分なりに解釈して、また新しく話しかけてきます。

うちのココちゃんは『ニンテンドードリーム』の読者だった!(・∀・)

 

前に教えた友達の名前が、不意打ちで会話に登場することもあったりして、ちょっと面白い(笑)。

 

こうしてどんどん仲良くなっていくと、ときどきココちゃんの方からプレゼントをくれることもあるんです。

これは、クマの形をしたパンケーキじゃないですか! 気持ちがこもったプレゼントって、心があたたかくなりますよね。

 

ここまで見てきたように、

 

 ●お世話やおしゃべりをして仲良くなって、

 ●クマからの質問に答えてクマがあなたのことを知り、

 ●お返しのプレゼントをもらったりしながら、もっと仲良くなっていく

 

というゲームなのです。

 

気がつくと、クマはあなた自身のことを一番知っている、この世にただ1人のしんゆう……私でいうならば「こあらのしんゆうのココ」になっているのです。

実はクマにはある「お仕事」があり、クマと仲良くなることでストーリーが展開するのですが……。それはぜひゲームを遊んで確かめてみてください。

 

 

ナナメ上を行く!? 名(迷?)言クリエイター・クマ

 

さて。クマは本当に純粋で、そして知らないことがたくさんあります。それゆえに、ちょっとおまぬけなことを言うこともあります。

 

以前、ココに「好きな食べ物」と「好きな飲み物」を聞かれたことがありました。私は大好物の「サーモンのおスシ」、そして飲み物は「はちみつミルクティー」と答えました。

 

それからしばらく時間が経った、とある日の会話。テレビを観ていて、おいしいモノをこえるおいしいモノ、「ごちそう」なるものがあることを知ったココ。「ごちそう」がどんなものか、勝手に想像しはじめるココ。なんとも微笑ましい光景で――

 

「サーモンのおスシの はちみつミルクティーにこみ、とかかなぁ」

 

Σ(´∀`;)!?

 

そっ、それはさすがに…! ゲテモノになる予感しかしないよ…!教えたことが、こんな風に奇想天外な文脈で、突然、口から飛び出すこともあるわけです。

↑イケクマとダメクマ。イケメンとダメ男、みたいなもの?

↑ときおり、突然飛び出すダジャレ

 

ほかにも、ちょっと笑えたり和ませてくれたりする名言(迷言!?)がポンポン飛び出します。意外な場面で意外なコトバが登場することもあるので、あえて、ちょっとヘンなコトバや変わったコトバを教えてみるのも面白いかもしれません。

あ、教えたコトバは後から変更することもできますので、変なコトバを教えちゃったけど変更したくなった! というときもご安心を。

 

コドモにもオトナにも触れてほしい、クマとの暮らし

 

「こども向けのゲームでしょ?」と思うなかれ! かわいいしぐさに癒され、びっくり発言に笑わされ、そしてさみしいときに和ませてくれる。いっしょに過ごしていく中で、きっと人間の友達とも家族とも違う、不思議な距離感の存在になってくれます。重すぎず、でも心地いい……この距離感は、コドモだとかオトナだとかは関係ないのです。

 

ということで、小さなお子さんにはもちろんのこと、私はこのゲームを「現代社会の荒波に疲れてしまったオトナ女子」にもオススメしたい!

お仕事の忙しさで、人間関係で、その他モロモロで……ちょっとお疲れモードになったココロを、あなたのことが大好きな「しんゆう」のクマが癒してくれることでしょう!ぜひみなさん、可愛くてちょっとぬけているクマのぬいぐるみとの不思議な共同生活を始めてみてくださいね♪

そうそう、遊んでいるとクマがあなたのお友達を紹介して欲しがることもあるので、そんなときは、身近な人に3DS本体ごと手渡ししてこのソフトを遊んでみてもらってください。あとから、友達とどんな会話をしたのかクマが教えてくれますよ。

 

ハッピープライスセレクション クマ・トモ』は、3月17日(木)に、新価格2,916円(税込)で発売いたします。

© BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。