2019.7.4
Nintendo Switch  CLANNAD

──春。ありふれた学園生活から始まる、人と町の物語。Nintendo Switchで『CLANNAD』が発売!

  • この記事をシェアする

「家族」というテーマを通して人と人との絆を描いた壮大なシナリオ、美しいグラフィックと感動の音楽によって空前の大ヒットとなった珠玉の名作『CLANNAD』が、Nintendo Switchで本日発売されました。

Nintendo Switch

※パッケージ版価格を除くソフト情報は、最新の情報が反映されています。それ以外の情報は、掲載時点の情報です。

※パッケージ版価格は希望小売価格です。

『CLANNAD』は、『Kanon』『AIR』を送り出し、恋愛アドベンチャーゲーム市場に「泣きゲー」というジャンルを確立させたビジュアルアーツのブランド「Key」の第3作目。

 

PC版が2004年4月に発売されて以来、その人気の高さから、TVアニメや劇場映画、コミック、小説、ドラマCD、音楽CD、キャラクターグッズなど、多数のメディアミックス展開が行われてきました。

Nintendo Switch版は、シリーズ最高解像度となるフルHDに対応し、全ての音楽(オープニングムービーなども含む)と一部のボイスが5.1chサラウンドに対応するなど、より美麗なビジュアルと臨場感あふれるサウンドで『CLANNAD』をお楽しみいただけます。

オープニングムービー

物語 -Story-

不慮のケガでスポーツ選手としての未来を断たれてしまった主人公「岡崎朋也」は、高校へと続く長い坂道の下で見慣れない一人の女子生徒と出会う。

 

彼女の名は「古河渚」。

 

体調を崩して休学し、やっと復学できる日を迎えられたが、友人達が卒業してしまった学校へと向かう足取りは重く、長い坂道を前にして、ついに立ち尽くしてしまっていた。

 

初対面の2人は、少し言葉を交わしただけで、どこか救われた気持ちになって、並んで坂道を上がり始める……。

 

そんなささやかな出来事がきっかけとなって、朋也の周りに集まり始める仲間達。

 

彼らと、彼らの住む町とが織りなす、未来へと続いて行く物語――

登場人物 -Character-

岡崎 朋也 Tomoya Okazaki

主人公。舞台となる町の進学校に通う3年生。父親と二人暮らし。毎日のように学校に遅刻しているため、校内では不良として扱われている。スポーツ特待生だったが、父親との些細ないさかいで怪我をし、その傷がもとで未来を絶たれる。進学もすでに諦めていて、受験勉強に勤しむクラスメイトたちを斜に見ている。

古河 渚 Nagisa Furukawa CV:中原麻衣

「もし、できるなら…演劇部をまた、作りたいです」
主人公と同じ学校の3年生。長期休学から復学を果たした日、校門へと続く長い坂の下で思い悩んでいるところ、主人公と出会う。学校ではたくさんの困難が待ち受けていたけれど、主人公と共に頑張っていく。若干人見知りの気があるが、いつも一生懸命。こうと決めたら折れない強さもあるが、いつも他人のことを思いかばっている。

藤林 杏 Kyo Fujibayashi CV:広橋涼

「もしさ、あんたのこと好きって娘がいたら付き合う?」
主人公の隣のクラスの女の子。委員長をしている。2年生の時は、主人公と同じクラスだった。口が悪くおおざっぱな性格をしているけど、面倒見が良い。内緒で校則違反となるバイク通学中。おとなしい妹の椋とは異なり、活発なキャラクター。

一ノ瀬 ことみ Kotomi Ichinose CV:能登麻美子

「今日もご本に囲まれて、しあわせ」
主人公の同級生で、学年トップの秀才。でも、授業に出ずに図書室で本を読んでいることが多い。ちょっと浮世離れしていて、会話が噛み合わないことが大半だが、人の言うことはちゃんと聞いている。

坂上 智代 Tomoyo Sakagami CV:桑島法子

「当然だ。付き合って、不幸になどなってたまるものか」
主人公の学校に、この春から編入してきた2年生の女の子。この学校では隠しおおせているが、実は、男が束になってもかなわないぐらい喧嘩が強い。主人公からすると年下だが、ぜんぜん年下らしくない。

伊吹 風子 Fuko Ibuki CV:野中藍

「自分で言うのもなんですが、可愛くできました」
主人公の通う学校の1年生。いつもひとりで、ナイフ片手に木片を彫っている大人しい印象の女の子。出来上がった彫刻を、できるだけたくさんの人にプレゼントしたいと思っている。

宮沢 有紀寧 Yukine Miyazawa CV:榎本温子

「それは、人の心が変わってしまったからではないでしょうか」
忘れられた資料室に籠もっている2年生。学校のこと、町のことをよく知っている。とても礼儀正しく、主人公のことを先輩と呼ぶ。

藤林 椋 Ryo Fujibayashi CV:神田朱未

「占いはあくまで占いですから」
主人公と同じクラスの女の子。隣のクラスで委員長をしている姉の杏とは双子の姉妹。姉と違い、消極的で大人しいが、やっぱりクラス委員長をしている。占いが好きだけど、絶対に当たらない。

春原 陽平 Youhei Sunohara CV:阪口大助

「そん時は、僕の背中はおまえに任せるぜっ」
主人公の悪友。スポーツ推薦で入学してきたが、喧嘩をやらかして停学、そのまま退部に追い込まれる。それからは怠惰な学校生活を送ることに。主人公とは春原的には親友。主人公的にはパシリ(?)。

パッケージ版初回生産分特典

パッケージ版の初回生産分特典は、ドラマCD「光見守る坂道で」より2つのエピソードが収録されたディスク。

 

※当特典はパッケージ版のみに外付けの特典として添付されます。

※在庫状況につきましては、各ショップ様にお問い合わせください。

【収録エピソード】

・古河ベイカーズ再結成 (シナリオ:麻枝 准)
・みんなで銭湯 (シナリオ:魁)

 

【出演】

野島健児、置鮎龍太郎、阪口大助、広橋涼、桑島法子、緑川光、野中藍、中原麻衣、雪野五月、井上喜久子、田村ゆかり

©2019 Key/VISUAL ARTS/PROTOTYPE

edited by : 編集部 Kai
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。