2019.8.1
Nintendo Switch  Nintendo Labo

この夏はオリジナルゲームをつくって投稿! #ラボ作品コンテスト プログラミング大会開催!

  • この記事をシェアする

ダンボールでコントローラーをつくってあそぶ、Nintendo Switchソフト『Nintendo Labo』の最新作『VRキット』に含まれるモード「Toy-ConガレージVR」を使ったゲームプログラミングコンテスト「#ラボ作品コンテスト プログラミング大会」の開催が決定しました!

 

「Toy-ConガレージVR」は、「何をすれば」という「入力」と、「何がおこる」という「出力」を、タッチでつなげるだけで簡単に自分だけのゲームをつくることのできるモード。

このモードで制作したオリジナルゲーム作品の動画をTwitterに投稿することで、コンテストへ応募することができます。

優秀な作品を投稿いただいた中から3名の方を、10月に京都で開催される「Nintendo Live」にご招待。しかも、優秀作品は「Nintendo Live」にて展示され、来場者の方々に遊んでもらうことができます。

Nintendo Labo #ラボ作品コンテスト プログラミング大会

<募集期間>

2019年8月1日(木) ~ 2019年9月1日(日)

<応募方法>

オリジナルゲームの動画を、ハッシュタグ「#ラボ作品」をつけてTwitterで投稿

<結果発表>

9月下旬 『Nintendo Labo』ホームページで発表

 

詳しい応募方法は「#ラボ作品コンテスト プログラミング大会」のホームページをご覧ください。

『Nintendo Labo』では、定期的にNintendo Switchのゲームニュースで、以下のようなサンプルゲームも配信していますので、これらをお手本にしながら作品を作ってみるのもいいかもしれませんね。

素敵な作品の数々をお待ちしています!

Nintendo Switch本体のゲームニュースでお手本ゲーム配信中。「Toy-Con広報室」をチャンネル登録。

コンテストに合わせて、みるだけで「Toy-ConガレージVR」でゲームをつくるコツがわかる番組「ゲームで解決!プログラメン」が公開されましたので、「プログラミングってどういうふうにするんだろう?」という方は、ぜひご覧ください。

「ゲームで解決!プログラメン」は、本日より3週連続で公開される予定です。プログラミングに興味のある方はこちらの映像を見ながら、この夏、プログラミングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

©2018 Nintendo

edited by : 編集部 Ike
  • この記事をシェアする
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。