2017.12.22
Nintendo Switch  ジャンプフェスタ

マリオだ! イカだ!! ARMSだ!!! 『ジャンプフェスタ2018』任天堂ブースレポート

  • この記事をシェアする

先日こちらのトピックスでもご紹介したとおり、12月16日(土)と12月17日(日)に幕張メッセで行われた「ジャンプフェスタ2018」の任天堂ブースでは、『スーパーマリオ オデッセイ』『スプラトゥーン2』『ARMS』という3つのタイトルごとに異なるイベントが開催されました。

今回は、その模様をまとめてレポートいたします!

人気声優がマリオの世界を旅行? 『スーパーマリオ オデッセイ』特別ステージ

ジャンプ連載作品のアニメでキャラクターを演じられている人気声優の方々に、『スーパーマリオ オデッセイ』でさまざまな国を旅してもらう、ステージイベントが行われました。

(※映像の公開は終了いたしました。)

 

既にソフトをプレイされているという小西克幸さんには、海の国「シュワシュワーナ」の旅。

ゲームが大好きで、暖かい所に旅行してみたいという優木かなさんには、砂の国「アッチーニャ」の旅。

小学校時代に『スーパーマリオワールド』にハマっていたという小野友樹さんには、森の国「スチームガーデン」の旅。

この日に初めてプレイするために、プレイするのを我慢してくださっていた梶裕貴さんには、都市の国「ニュードンク・シティ」の旅を体験いただきました。

小野さんと優木さんには、特別に『オデッセイ』のミニゲーム3本勝負をしてもらうステージにも出演いただきました。負けた方は罰ゲームとして、クッパのアフレコをしなくてはならないというルールでプレイいただきました。

今年も満員御礼! スプラトゥーン甲子園

日本一のイカしたチームを決定する『スプラトゥーン2』の公式全国大会「第3回スプラトゥーン甲子園」もいよいよ大詰め!

ジャンプフェスタ選抜大会には、「Day1」「Day2」両日とも、64チーム、256人の選手が熾烈なトーナメントに参加してくれました。

そんな中、「Day1」の決勝にコマを進めたのは、「無」「キャンピング時代キタコレ」の2チーム。

熱い戦いの模様をぜひご覧ください!

「Day1」を制したのは、「キャンピング時代キタコレ」でした。おめでとうございます!

左から「いぐ」「丸太枯渇事件簿」「ポポンS」「そらそう」の4人。

そして、「Day2」の決勝で戦ったのは、「さくら♪イカ祭り」と「でんでんクリニック」の2チーム。「でんでんクリニック」は、前回の地区大会優勝メンバーに有名プレイヤーを迎えた強豪チーム。そんな相手に「さくら♪イカ祭り」はどう立ち向かうのか!? こちらの試合もアツイ展開を見せてくれます。ぜひご覧ください!

「Day2」代表は、「さくら♪イカ祭り」に決定! おめでとうございます!

左から「さい♪」「オクラ」「まつり」「いかっふぇ」の4人。

試合を解説したイカ研究員からもコメントが届いていますので、ご紹介します。


◆イカ研究員のコメント

2日間にわたって開催された、第3回スプラトゥーン甲子園 ジャンプフェスタ選抜大会。
ジャンプフェスタという場所柄もあってか、MCの暴徒さんをして「少年漫画かよ!」と言わしめる、熱いドラマが繰り広げられた。

1日目のトーナメントを勝ち抜き、DAY1代表となったチームは「キャンピング時代キタコレ」。
「無」チームとの決勝戦は、2戦とも序盤から中盤まで押し込まれる展開だったが、見事な逆転劇で勝利した。
接戦を制して雄叫びを上げ、喜びのあまりに抱き合う彼らの姿には、会場の誰もが胸を打たれたことだろう。
その光景は、まさにスポーツ漫画の一シーンのようであった。

2日目のトーナメントの決勝戦は、ハイパープレッサーを巧みに操る「さくら♪イカ祭り」と、前回大会の地区代表者を擁する強豪チーム「でんでんクリニック」。
両チームともスプラスピナーの使い手や、ステージごとに様々なブキを持ちかえるメンバーがいる特徴的な編成だったが、3戦目までもつれ込む激戦の末、「さくら♪イカ祭り」がDAY2代表の座を勝ち取った。
「尊敬する人に勝てて嬉しい」。
「でんでんクリニック」の選手に対する、「さくら♪イカ祭り」の選手のコメントには、思わず目頭が熱くなった。

新たなヒーローの誕生を予感させたジャンプフェスタ選抜大会。
既に各地区大会を勝ち抜いた猛者たちと、彼らがどんな戦いを見せてくれるのか、楽しみでしかたがない。
そして、残す関東地区大会、オンライン大会では、どんなヒーロー候補が現れるのか、期待はふくらむばかりだ。


いよいよ、来年2月には決勝大会を迎えます。

今回、代表権を獲得した2チームは、全国優勝を目指して頑張ってください!

ついに国内No1のスゴウデが決定!「ARMS JAPAN GRAND PRIX 2017」

そして、『ARMS』初の公式全国大会「ARMS JAPAN GRAND PRIX 2017」の決勝戦がついに開催されました!

東京、大阪、名古屋、福岡の全国4会場の大会に、過去2回行ったオンライン大会、そして、2日間のジャンプフェスタ大会の代表を加えた、8名によるトーナメント形式の決勝大会。

各代表選手は、プレイスタイルに合わせた二つ名と共に入場し、いよいよ勝負の時を迎えます。

ARMS初代チャンピオンは「皇帝と呼ばれる男」pega選手でした!!

二つ名の通り、他を寄せつけない圧倒的な戦いぶりは、まさに王者。pega選手、おめでとうございました!

 

決勝戦の後には、プロデューサーの矢吹さんからアップデートの告知もなされました。

『ARMS』は今後もますます盛り上がりそうですね!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。