2017.11.10
ニンテンドー3DS  ポケットモンスター シリーズ

あざやかに復活した『ポケットモンスター 金・銀』! 数々の名場面や今だからこそ語れる話が満載! 時を経ても新鮮な「面白さ」の本質に迫る![Vol.5]

  • この記事をシェアする

♪もういくつねると、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』〜♪

浮かれすぎて、思わず『お正月』のメロディで歌ってしまいました。

えっ、字余りがすぎるって?

いいんです! 『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の発売日が待ち遠しいことは確かなんですから!

 

こんにちは。ポケモン公式ガイドブック著者の元宮秀介です。

ニンテンドー3DSバーチャルコンソール『ポケットモンスター 金・銀』の魅力を、さまざまな角度から語る連載も、第5回目を迎えました。

 

『ポケットモンスター 金・銀』を遊び直していると、ハッと気づくことがあります。「アレは『ポケモン 金・銀』が元祖だったんだ〜っ!」と。

例えば、「きんのたまをくれるおじさん」です。あのおじさんは、『ポケモン 金・銀』で初登場した人物だったのです。当連載の[Vol.2]で紹介しましたが、「ポケモン公式ツイッター」で、正式に『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』に登場することが明らかになりました。

他にも『ポケットモンスター』シリーズの定番といえる要素の中で、『ポケモン 金・銀』から初めて登場した、というものは少なくありません。その中には「ポケモンのタマゴの発見」や「ポケモンが主人公になつく」、「ゲーム内で時間が経過する」など、大きな要素もたくさん存在します。

しかし、当連載ではマニアックな内容を突いていきますよ!

題して「アレは『ポケモン 金・銀』が元祖!」。5つの名場面と共に紹介していきます。

『ポケモン 金・銀』が最初!の名場面1
ラプラスの背中に乗る

『ポケモン 金・銀』では、主人公はひでんわざ「なみのり」を使って、水上を移動します水上を移動する際、主人公はラプラスの背中に乗って移動するのです(※1)。ラプラスは、人を乗せて泳ぐのが大好きな、希少価値の高いポケモンです。そんなラプラスの背中に乗って移動している主人公の姿を眺めると、なんとも雄大な気持ちになれます。

ラプラスの背中に乗る場面は、この後の作品にも登場します。『ポケットモンスター X・Y』(2013年)でカロス地方の12番道路の水上を、3Dで描かれたラプラスの背中に乗るシーンは、『ポケモン 金・銀』のこの場面の再現でしょう。『ポケットモンスター サン・ムーン』(2016年)では、ラプラスがライドポケモンとして登場し、「ラプラス スイム」で水上を自在に移動できるようになりました。

※1『ポケモン 金・銀』では、ポケモンの種類に関わらず、ひでんわざ「なみのり」を使って水上を移動する際は、その「シンボル」として「ラプラス」の背中に乗る表現が用いられています。

『ポケモン 金・銀』が最初!の名場面2
ポケモンが人の手伝いをする

コガネシティにある、コガネ百貨店。その地下1階では、ゴーリキーが荷物を運んで人の手伝いをしています。人とポケモンが協力して働いているのです。ゴーリキーやカイリキーが人の仕事の手伝いをしている場面は、『ポケットモンスター』シリーズにたびたび登場しますが、『ポケモン 金・銀』が元祖です。これは『ポケットモンスター』シリーズのテーマである「ポケモンと人の共存」の表現のひとつですね。『ポケモンサン・ムーン』では、アローラ地方のハウオリティの更地で、カイリキーが地ならしをしている様子を見ることができます。一体、どんな建物が建つのでしょうか。

『ポケモン 金・銀』が最初!の名場面3
栄養満点の「モーモーミルク」

『ポケモン サン・ムーン』のポケモンセンターにはカフェがあり、「モーモーミルク」を飲むことができます。

「モーモーミルク」は、『ポケモン 金・銀』で初めて登場しましたジョウト地方のモーモーぼくじょうで販売されています。「モーモーミルク」は、ミルタンクの乳からできていて、栄養満点と言われています。値段は500円で、ポケモンのHPを100回復します。700円で、ポケモンのHPを50回復する「いいキズぐすり」と比べると、コストパフォーマンスに優れたどうぐといえます。『ポケットモンスター』シリーズを通じて、愛用している人も多いのではないでしょうか。

ちなみに『ポケモン サン・ムーン』のカフェでもらえるお菓子の「いかりまんじゅう」は、『ポケモン 金・銀』のチョウジタウンの名物です。

『ポケモン 金・銀』が最初!の名場面4
トレーナーにおまわりさん初登場!

『ポケモン サン・ムーン』のアローラ地方の10番道路には、おまわりさんのマモルが登場します。実は、このおまわりさんのマモルは、『ポケモン 金・銀』の34番道路で初登場したのです。夜の時間帯に主人公と目が合うと、ポケモン勝負を挑んでくるポケモントレーナーです。僕はこの事実に気づいた時、ジョウト地方で勤務していたマモルが、いつの間にやらアローラ地方へ転勤していた……そんな妄想を膨らませてしまいました。

『ポケモン 金・銀』が最初!の名場面5
語り継がれるワタル

『ポケモン 金・銀』のポケモンリーグのチャンピオンは、ワタルです。ワタルはマントをはおり、「てもち」のポケモンのほとんどがドラゴンタイプ。ドラゴン使いのワタル、という異名をとります。そして、ワタルの強さはジョウト地方から遠く離れた、アローラ地方へとどろくことになります。

『ポケモン サン・ムーン』のクライマックスを目前にした場面。ラナキラマウンテンを眺めながら、ククイ博士がカントー地方でポケモンリーグに挑戦した時の思い出を主人公に語ります。

「さいごは マントの ドラゴンつかいに……」

ククイ博士は、ドラゴン使いのポケモントレーナーの名前は明かしませんが、これはまぎれもなくワタルのことでしょう。「さいごは」という言葉は、ワタルがチャンピオンだったことを示している、と僕は思います(※2)。ククイ博士が『ポケモン 金・銀』のセキエイ高原に来て、ワタルに挑戦していたとは……。どんな勝負がくり広げられたのでしょう……。想像するだけでドキドキしてくるエピソードです。

※2 ワタルは『ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ』ではポケモンリーグの四天王の一人として登場しましたが、『ポケモン 金・銀』ではチャンピオンとして登場します。


さて、最後は恒例のマニアッククイズです。

セリフが指し示す人物や名前を当ててください。

【クイズ 1】

まずは肩慣らしです。

おじさんのセリフから、おじさんがくれたどうぐの名前を当ててください。

「それは おじさんの ◯◯◯◯◯! ゆうこうに かつようして くれ!」

 

【クイズ 2】

次第に難しくなっていきますよ。

おじいさんのセリフから、ジムリーダーになった人物を当ててください。

「さいきんまで この ジムには リーダーが いなかったのじゃ さいきん マサラの わかものが リーダーに なった そうじゃが ……はて いまは るす じゃの」

 

【クイズ 3】

最高の難易度です。

民家にいる女の子のセリフから、◯◯◯に入るポケモンの名前を当ててください。

「あたしの ◯◯◯ イチゴちゃん って なまえなの!」

 

クイズの正解と共に、次回の連載もどうぞお楽しみに!

 

©1995,1999 Nintendo/Creatures inc./GAME FREAK inc.
©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
GAME BOYのロゴ・GAME BOY・ゲームボーイは任天堂の登録商標です。
※画面は開発中のものです。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。